*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成15年2月14日

チリワイン「カリテラ」のラインナップを拡充
『カリテラ カルメネール』『カリテラ アルボレダ カルメネール』新発売

チリ独自のぶどう品種“カルメネール”を使用したオリジナリティあるワイン
アサヒビール株式会社
 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、チリの高品質ワイン「カリテラ」のラインナップを拡充し、『カリテラ カルメネール』『カリテラ アルボレダ カルメネール』を、3月12日(水)から全国で新発売します。新しいアイテムを加え、発売3年目を迎える本年もワイン事業における中核ブランドとして「カリテラ」のさらなる拡販を図っていきます。

 『カリテラ カルメネール』『カリテラ アルボレダ カルメネール』は、稀少なぶどう品種である“カルメネール”から造られたワインです。カルメネールは、チリの気候や土壌での栽培に適したぶどう品種で、現在はほとんどチリだけで栽培されており、チリ独自品種として世界で注目を集めています。チリならではのオリジナリティのある品種を、カリテラ社の先進技術で醸造することにより、カルメネールの特徴を充分に引き出し高品質ワインに仕上げました。

 『カリテラ カルメネール』は、鮮やかな色合いと華やかな香りが印象的なフルーティな味わいとスパイシーな風味のバランスのとれたワインです。中重口のほどよい飲み口で、幅広い料理に適し、ご家庭で日常的にお楽しみいただけるタイプのワインです。
 「カリテラ アルボレダ」シリーズは限定された畑で栽培されたぶどうのみでつくられた「カリテラ」の上級クラスのプレミアムワインです。『カリテラ アルボレダ カルメネール』は、深紅色で豊かな果実味と長い余韻が楽しめるワインです。スパイシーな香りとなめらかなタンニンが感じられる芳醇な味わいが特徴です。プレミアムワインとして、主にレストラン、ワインバー、ワイン専門店等を中心にご提案していきます。

 「カリテラ」は、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ社と、チリのプレミアムワイナリーであるエラスリス社のジョイント・ベンチャーにより1996年に誕生したプレミアムワイナリーです。アサヒビールでは従来のチリワインの枠を超える高品質ワインとして、2001年9月の発売以来拡販を図っており、昨年は当初の売上目標を大幅に越えて7万箱(1箱は750ml×12本換算)以上の売上を達成しました。本年は年間10万箱を目指し、さらにブランドを育成していきます。

<ご参考>
カルメネールは、フランス・ボルドー原産のぶどう品種で18世紀初め頃から秀逸なワインを生む品種として広く栽培されていましたが、気候により収穫量が他品種よりも左右されやすいなど、フランスではリスクの多い品種とされていました。19世紀中頃、カベルネ・ソーヴィニヨン等の品種と共に、ボルドーからチリにもたらされたと言われています。その後、ボルドーではぶどうの木を枯らしてしまう害虫により途絶えてしまい、現在はチリだけで栽培されています。
チリは収穫時に雨がほとんど降らず乾燥した気候であるため、収穫時期の遅いカルメネールを充分に完熟させることができ、この品種の特徴を充分に活かすことができます。カリフォルニアのジンファンデルのように、チリ独自の品種として世界でも注目を集めつつある品種です。

カリテラ カルメネール(左)カリテラ アルボレダカルメネール(右)
『商品概要』
商品名
カリテラ
カルメネール
カリテラ アルボレダ
カルメネール
タイプ
赤/中重口
赤/重口
容量
750ml
アルコール度数
15%未満
希望小売価格
1,100円(消費税別)
2,000円(消費税別)
発売日
3月12日(水)
地域
全国
希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。


[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。