• はい
  • いいえ

 


平成14年10月29日

アサヒ本生 2ケースパック』新発売
〜景品内封2ケースまとめ売り商材で年末年始のまとめ買い需要に対応〜
アサヒビール株式会社
 
アサヒ本生切り餅1袋付き アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、年末年始のまとめ買い需要に対応した『アサヒ本生 缶350ml 24缶×2ケースパック』(以下 アサヒ本生 2ケースパック)を12月18日(水)から全国で新発売します。

 発泡酒市場は本年も市場規模を拡大し、9月までの業界全体の発泡酒の累計課税移出数量は前年比で2ケタ増を果たしています。こうした発泡酒市場の伸張に伴い、"ケース売り"が主体となる量販店業態では、通常の1ケース販売に止まらず、"2ケースまとめ売り販売"が積極的に展開されています。

 アサヒビール(株)が実施した発泡酒のケース買いユーザーを対象とした消費者調査によると、1回に2ケース以上購入するユーザーは全体の1割に達しており、また、発泡酒のケース買いユーザーの約4割は、"年末には通常時より1ケース以上多く購入する"と答えています。加えて、本年年末は暦の関係上、休日を長く設定する企業が多くなることが予想され、年末の"発泡酒・ケースまとめ買い需要"が例年に比べさらに拡大される可能性があります。

 こうした市場環境に対応し、アサヒビール(株)は年末限定商品として『アサヒ本生』缶  350ml2ケースと景品(サトウの切り餅 400g)をセットアップした『アサヒ本生 2ケースパック』を発売することとしました。
 『アサヒ本生 2ケースパック』は、"便利"と"お得(景品付き)"をキーワードに年末年始需要に向けたご提案商材であります。外装は店頭で存在感があり、置いてあるだけで商品特性がお客様に伝わるようなデザインとし、持ちやすさに配慮し、両短側面に手穴を設けました。
 また、この2ケースパックは、数量限定の完全予約制での販売とさせていただきます。
 アサヒビール(株)は、本年『アサヒ本生』の発泡酒市場でのブランド確立を目指して取り組んできました。今回の新提案もその一環で行うものであり、今後もアサヒビール(株)ならではの新しいご提案を積極的に展開していきます。


【アサヒ本生 2ケースパック 概要】
商品名
アサヒ本生 缶350ml 24缶×2ケースパック
発売日
12月18日(水)
*本商品は、完全予約受注制にて発売させて頂きます。
発売地域
全国
特徴
「アサヒ本生 缶350ml(ルース)2ケース+景品(サトウの切り餅・400g)」を
セットアップし1梱包としたもの。
持ちやすさに配慮し、両短側面に手穴を設定。
価格体系
通常の「アサヒ本生 缶350ml×2ケース」と同価格。
希望小売価格:6,480円
缶体・中味
通常の「アサヒ本生」と同様。
目標箱数
30万セット(実箱数 60万箱)
※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。