• はい
  • いいえ

 


平成14年8月21日
アサヒビール(株)とオリオンビール(株)による
包括的業務提携の合意について
アサヒビール株式会社
オリオンビール株式会社
 

 アサヒビール株式会社(本社 東京都、社長 池田弘一)とオリオンビール株式会社(本社 沖縄県浦添市、社長 金城名輝)は、国内酒類事業における包括的な業務提携について合意に至りましたのでお知らせします。

 オリオンビール(株)は、5年後に予定されている沖縄復帰特別措置期限切れ等の経営環境の変化に備え、沖縄県の地場産業としての継続的な発展を図るために、技術開発力の強化、生産性の向上、売上の拡大を柱とする経営基盤の強化を進めています。そうした中で、強固な経営基盤を築き、県内外における酒類事業の拡大の為に、本土の大手ビールメーカーとの提携が不可欠と判断し、アサヒビール(株)へ酒類事業の業務提携を要請しました。
 一方、アサヒビール(株)は、沖縄市場における販売の拡大を目的とし、本要請を受けて、事業基盤の更なる充実を図るために、両社はビール・発泡酒分野を中心とした国内酒類事業における包括的な業務提携関係を構築する方針で協議を進めてまいりました。

 両社は本提携をスタートにして、今後、多方面での協力関係を一段と深めていきます。尚、今回合意した提携内容は以下の通りです。


1.包括的業務提携について


●酒類事業における業務提携
(1) アサヒビール(株)は、国内におけるオリオンブランドの強化を支援するために、本年中にオリオンビール(株)の主力商品『オリオンドラフト』の缶製品の販売を、沖縄県を除く全都道府県で開始します。
(2) オリオンビール(株)とアサヒビール(株)は、両社共同で発泡酒の新商品を開発し、明年春を目途に、オリオンビール(株)が沖縄県内で発売します。
(3) アサヒビール(株)は、オリオンビール(株)の品質の向上・生産性の向上を支援するために、製造技術協力を行います。また、今後、オリオンビール(株)名護工場でのアサヒビール(株)製品の製造委託を行う予定であり、工場稼働率の向上にも貢献していく考えです。
(4) オリオンビール(株)は、沖縄県内におけるアサヒビール(株)製品の販売拡大を図るために、アサヒビール側が行う営業・マーケティング活動に積極的な支援・協力を行います。

●オリオンビール(株)へのアサヒビール(株)の出資について
 オリオンビール(株)は、経営基盤の強化を一段とスピードをあげて取り組んでいくために、アサヒビール(株)との提携関係を更に強化する一環として、アサヒビール(株)へ資本出資を要請しました。アサヒビール(株)は要請に応え、オリオンビール(株)の発行済株式の10%、72,000株を取得することとしました。
 株式取得については、アサヒビール(株)が、朝日生命相互保険会社(本社 東京都、社長 藤田譲)との間で、同社が現在保有するオリオンビール株式72,000株の譲渡を受けることで本日契約締結し、8月中にも株式譲受を行います。


2.アサヒビール(株)、オリオンビール(株)の概要
(1)商 号 アサヒビール株式会社 オリオンビール株式会社
(2)事業内容 ビールその他酒類の製造販売 ビール、清涼飲料の製造・仕入れ及び販売
(3)設 立 昭和24年9月 昭和32年5月
(4)本店所在地 東京都中央区京橋三丁目7番1号 沖縄県浦添市字城間1985番地の1
(5)代表者 取締役社長 池田 弘一 取締役社長 金城 名輝
(6)資本金 182,531百万円(6月末現在) 360百万円(6月末現在)
(7)従業員数 3,799名(2001年12月末現在) 175名(2002年3月末現在)

尚、上記の国内酒類事業における業務提携については、10月末までに正式契約を締結する予定です。



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。