• はい
  • いいえ

 


平成14年5月31日
『アサヒ本生』2品種(缶500ml、缶350ml)を価格変更
メーカー出荷価格を10円値下げ、
市場環境に迅速に対応し、ブランド確立・強化を加速
アサヒビール株式会社
 

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、発泡酒ブランド『アサヒ本生』の缶500mlと缶350mlの2品種のメーカー出荷価格を、6月21日(金)から10円値下げします。それに伴い、当該品のメーカー希望小売価格は、缶500mlで185円(消費税別)、缶350mlで135円(消費税別)とします。

 アサヒビール(株)は、昨年2月に『本生』を発売し、大手ビールメーカーとして最後発で発泡酒市場に参入しました。以来、発泡酒市場における『本生』ブランドの確立を目標として取り組み、昨年年間では当初の予想を大きく越える3900万箱(1箱:大びん633ml×20本)を売り上げました。本年に入っても、2月から実施したご愛飲感謝キャンペーンが奏効し、1〜4月の累計で1455万箱を売り上げ、前年比154.8%と非常に好調に推移しています。
 また、5月上旬製造分からは、味とパッケージでさらに磨きを掛け、品質感と爽快感を高めた『本生』がご好評を頂いています。

 今回の価格変更は、『本生』のブランド確立・強化の一環で実施するもので、"低価格化"と"多ブランド乱立"が急速に進む発泡酒市場の変化に迅速に対応していきます。
 アサヒビール(株)は、ブラッシュアップ展開に続き、『本生』のメーカー価格を値下げすることにより、一段と話題性を高め、発泡酒市場におけるNO.1ブランドへの確実な足がかりとしていきます。


【アサヒ本生 価格変更概要】
対象品種 アサヒ本生 缶500ml、缶350mlの2品種
(6缶パック・12缶パックも対象)
*中元ギフトセットについては対象外とさせていただきます。
変更内容 対象品種のメーカー出荷価格を10円値下げします。
缶500ml
缶350ml
希望小売価格185円(消費税別)
希望小売価格135円(消費税別)
価格変更日 6月21日(金)当社出荷分から
※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。