• はい
  • いいえ

 


平成14年5月21日
アサヒビール(株)お客様生活文化研究所『幸せ意識日韓比較調査』
◆幸せの日韓共通イメージ◆
「健康」「家族」「愛情」
◆幸せに結びつく異なる視点◆
日本人―「地球環境」「世界平和」、安定志向
韓国人―「希望」「周囲の人の幸せ」、上昇志向

調査対象:日本・韓国合計4,000名/13〜69歳の男女
アサヒビール株式会社
 

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)のお客様生活文化研究所では、日本在住の日本人3,000名、韓国在住の韓国人1,000名の13歳から69歳の男女を対象として、「幸せ意識」「生活意識」に関する調査を実施したところ、合計3,008名(日本人:2,008名、韓国人:1,000名)から回答を得ました。(有効回答率:75.2%)
 その結果、日本人は現状肯定型で"今が幸せ"、韓国人は自分を信じながら強い精神力で"近未来の幸せ"に向かって前進している傾向が伺うことができました。

 「幸せに必要不可欠なもの」として多くの人があげたのは、日本人、韓国人とも「家族の身体的な健康」「自分の身体的な健康」「家族との愛情」「家族の精神的な安定」で、幸せに対する基本イメージは共通でした。
 日本人が韓国人よりも強く意識しているのは、「地球環境の保全」(日本人:57.2%、韓国人:41.5%)、「世界平和の実現と維持」(日本人:56.5%、韓国人:35.0%)で、韓国人より日本人の方が約20ポイントも高く、日本人は地球環境や世界平和を幸せに結びつけてとらえていることが伺えました。
 その一方で、韓国人が日本人より「幸せに必要不可欠なもの」としてとらえている点は、「自分への自信や誇り」(日本人:45.4%、韓国人:73.8%)、「明確な人生目標」(日本人:30.8%、韓国人:63.8%)であり、自分自身を信じて未来を見据えて生きることが幸せに結びつくという考えが、日本人よりも韓国人の方が強いことを伺わせました。
 また、「共感できる意見」として「苦労は進んで引き受けた方がいい」をあげたのは、日本人:26.9%に対し韓国人:41.0%で、この点からも韓国人の前向きな姿勢が伺えました。

 「非常に幸せを感じること」は、日本人、韓国人ともに「日々、健康な状態で過ごせていること」(日本人:36.5%、韓国人:35.2%)が最も多く、この点も基本は共通でした。
 その一方で、「自分が良いと思う道を進んでいる」を「非常に幸せを感じる」としたのは日本人:21.1%に対し韓国人:32.0%、「自分を犠牲にしてでも尽くしたいと思う相手がいる」は、日本人:13.5%に対し韓国人:28.0%、「自分以外の人が喜び、幸せそうにしているのを見た」は、日本人:9.5%に対し韓国人:20.9%との回答が得られており、"自分を信じること"や"ひとに対する思いやり"が日本人よりも韓国人の方に強くあるという結果が出ています。
 一方、「生活に満足している」人は、日本人:62.2%に対し、韓国人は49.8%で、日本人は韓国人より12.4ポイント高い結果が出ました。
 また、日本人が「幸せをイメージする国」の1位は、「日本」(37.7%)で、日本人の多くが現状を幸せであると認識していることがわかりました。

*調査結果詳細については、別添「調査結果概要」をご参照ください。



※PDF資料はAcrobat Pluginをインストールすることで、画面上で閲覧いただけます。 getacrobat




[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。