• はい
  • いいえ

 


平成14年4月23日
『アサヒ本生』、味・パッケージをブラッシュアップ
ブランドが乱立する発泡酒市場で"生"の価値を徹底的に追求
〜"もっともっと生へ"をキーワードに全国47都道府県街頭サンプリングを実施〜
アサヒビール株式会社
 

アサヒ本生 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田 弘一)は、2001年2月の発売以来、ご好評を頂戴している発泡酒『アサヒ本生』の味とパッケージデザインを5月上旬製造分からブラッシュアップします。

 味は、酵母が発酵しやすい新しい麦芽の採用と原材料配合比率の見直しを図り、酵母がより元気に発酵できる環境を整備し、よりスッキリ爽快な味感としました。
 パッケージラベルについては、品質感と爽快感を高めるために、濃赤色のストライプを入れ、ラベルコーナーをシャープにしました。また、缶容器の外装カートンは、これまでの青色ベースから赤・白色ベースに一新し、商品デザインと外装デザインの統一性を図り、売場での存在感の一層の拡大を目指します。

 アサヒビール(株)は、本年の総合酒類事業における基本方針に、「ビール・発泡酒市場での磐石な地位の確立」を最重点項目と掲げ、複数のブランドが乱立し競争が激化している発泡酒市場については、『本生』のブランド力強化を大きな目標としています。
 本年2月からは、ブランド力強化を目指し、『本生』の強烈な個性である"赤"に焦点をあて、"赤い方がいいじゃないか!"と題した景品プレゼントキャンペーンとメーカー出荷価格を10円値下げする特別価格キャンペーンを組み合わせた「アサヒ本生ご愛飲感謝キャンペーン」を実施しました。
 今回のブラッシュアップも『本生』のブランド力強化の一環で行うもので、味とパッケージのブラッシュアップを通じて、発売当初から『本生』が主張してきている"生"という価値を発泡酒市場で強力に際立たせていきます。

 また、ブラッシュアップした『本生』の"生"のうまさを全国の皆様に実感していただくために、『もっともっと生へ。実感大作戦!』と銘打った、アサヒビール(株)としては過去最大級となる、全国規模の大サンプリングプロモーションを実施します。
 6月の全ての土曜日と日曜日に、全国47都道府県、延べ約100会場にて、大規模な街頭サンプリングを実施します。
 サンプリング会場では『本生』の大型ディスプレイの設置や、浴衣姿でのサンプリングなども実施していく他、全国でのサンプリングスケジュールにあわせて、各会場及び周辺を、巨大な内照式のパネル(縦2.6メートル、横9.4メートル)を搭載したイベントカーなどを走行させ、サンプリングプロモーションを大いに盛り上げていく予定です。
 また、このプロモーションと連動し、全国の酒販店店頭でも『本生』の試飲会を積極的に展開し、約2,000拠点での試飲会実施を目指します。
 ブラッシュアップに連動した街頭サンプリングおよび店頭試飲会において、約200万人の方々にさらに磨きを掛けた『本生』の"生"のうまさを実感していただく予定です。

 アサヒビール(株)は『本生』のブランド確立に主眼をおき、前年比131%の5100万箱を目標売上箱数としています。2月から実施している「アサヒ本生ご愛飲感謝キャンペーン」や今回のブラッシュアップとそれに伴う大規模プロモーションなど、『本生』のブランド強化策を続々と仕掛け、多ブランドが乱立する発泡酒市場の中で確固たる『本生』のブランド価値を定着させ、発泡酒NO.1ブランドの足がかりを築くことを目標として取り組んでいきます。





[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。