• はい
  • いいえ

 


平成14年4月19日
「アサヒスーパードライ鮮度実感試飲会」を全国10都市で開催
〜発売15周年を迎え、スーパードライの"鮮度"を強力に訴求〜
昨年までの累計売上箱数19億箱超、本年上期中に東京ドーム20杯分を突破
アサヒビール株式会社
 

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)の主力商品である「アサヒスーパードライ」の鮮度を実感していただく「アサヒスーパードライ鮮度実感試飲会」を全国10都市で4月下旬から開催します。

 アサヒビール(株)は、スーパードライ発売15周年を迎え、"洗練されたクリアな味"に更に磨きをかけることにより、最高の"うまさ"をお客様に実感していただくことを目指しています。そのための重要な品質活動として、"鮮度活動"を徹底してきました。
 その活動によって実現したスーパードライの"鮮度"をお客様に強力に訴求するために、"鮮度"の良いスーパードライとお客様の接点を最大限に広げていくプロモーションとして、「アサヒスーパードライ鮮度実感試飲会」を実施します。

 今回実施する鮮度プロモーションは、昨年の鮮度ギフト開発に続く、スーパードライの"鮮度"価値に焦点をあてたものです。
 4月27日の高知を皮切りに、ビール最盛期の7月までに福岡、松山、大阪、名古屋、東京、横浜、福島、仙台、札幌の全国10都市で街頭試飲会を展開します。
 製造後3日以内のスーパードライを工場から保冷車で運搬し、街頭で"鮮度"を実感していただきます。本年のアサヒビールイメージガールの矢野アリーネさんも参加して試飲会を盛り上げると同時に、スーパードライのうまさの秘密、アサヒビール(株)の鮮度への取り組みをわかりやすくまとめたVTRや小冊子を活用し、"鮮度""スーパードライ"についてのお客様への更なる浸透を図る一助とします。
 また、"鮮度"を実感いただいたお客様からは、ビールの鮮度についてのアンケートにご協力いただき、今後の鮮度への取り組みの参考としたいと考えています。

 なお、この街頭試飲会を通じて全国約20万人のお客様に製造後3日以内のスーパードライをご試飲いただくと同時に、スーパーマーケットなどの全国約6000ヶ所の店頭でも店頭試飲会を積極展開していく予定です。

 スーパードライは1987年3月17日に発売して以来、非常に多くのお客様から  ご支持を頂戴し、発売から昨年までの累計売上箱数が19億1,550万箱(1箱:大瓶633ml×20本換算)となりました。これはキロリットルベースで2,425万klであり、東京ドーム(約124万kl)の19.5杯分となり、本年上期中にも20杯分を突破する見込みです。

 アサヒビール(株)は、本年の総合酒類事業における基本方針を、「ビール・発泡酒市場での磐石な地位の確立」を最重点項目としています。酒類における最大のマーケット規模を持つビール・発泡酒市場において最大のご支持を頂戴しているスーパードライの更なるブランド強化を通じ、アサヒビール(株)の磐石な市場基盤を構築していきます。


【日時・場所などが決定している試飲会概要】
実施地区 実施会場 実施日 実施時間(両日) イメージガール
高知 帯屋町商店街リブロード 4/27、28 11:00〜18:00 4/28
福岡 博多パサージュ広場 5/3、4 11:00〜18:00 5/3
大阪 ビッグマン広場 5/11、12 11:00〜18:00 5/11
名古屋 名古屋パルコ 5/18、19 11:00〜18:00 5/18
東京 西銀座デパート 6/8、9 11:00〜18:00 6/8、9
横浜 ランドマークガーデンスクエア 6/15、16 11:00〜18:00 6/15
札幌 札幌駅西コンコース 6/29、30 11:00〜18:00 6/29
福島 アティ郡山 7/13 11:00〜18:00 未定
うすい百貨店 7/14 11:00〜18:00




[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。