• はい
  • いいえ

 


平成14年3月7日
缶チューハイの新ブランド『アサヒスーパーサワー』新発売
〜地中海産「スーパーストレート果汁」を使用し、素材にこだわった高品質サワーを開発〜
アサヒビール株式会社
 

アサヒスーパーサワー アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、缶チューハイの新しいブランドとして『アサヒスーパーサワー』を5月22日(水)から全国で新発売します。

 アサヒビール(株)は、酒類における最大のマーケットであるビール・発泡酒市場の競争力を最大限に活かした総合酒類事業の基盤づくりを進め、これまでにニッカウヰスキー(株)との営業統合の実現や低アルコール飲料市場への本格参入を果たしてきました。
 そうした中で、本年の事業方針では総合酒類事業を一気呵成に進めていくために、全てを自前でやるのではなく、新規M&Aなども積極的に視野に入れていくこととし、協和発酵工業(株)の酒類事業買収の基本合意が完了しています。

 今回新発売する『アサヒスーパーサワー』も、アサヒビール型総合酒類事業を展開していく一環で開発したものであり、近年高成長を続けている缶チューハイ市場においてアサヒビール(株)の提案力を更に高めていくことを目標としています。

 アサヒビール(株)は、素材に徹底的にこだわった高品質サワーを開発するために、アサヒビール(株)とニッカウヰスキー(株)のノウハウを最大限活かし、缶チューハイに「果実の美味しさ」や「すっきり、さっぱりした感じ」「キリッとした冷たさ」といった要素を積極的に求めるお客様にご満足いただける味感を目指しました。
 『アサヒスーパーサワー』は、飲んだ時に果実の映像がくっきり頭に浮かぶ確かな果実感と飲み飽きしないすっきりとした味わいで、缶チューハイならではの新しいフレッシュ感をお客様に提供します。

 目標とする味感追求のためのこだわりの素材として、地中海産の果実から果皮を削り取り、ほとんど果肉のみになった果実を搾り、苦味や雑味を取り除きクリアな味わいを実現した「スーパーストレート果汁」を採用しました。これを加熱濃縮などの加工を加えずに冷凍して運搬・使用し、果実の新鮮さをそのまま商品づくりに生かしています。
 また、使用する水もニッカウヰスキー(株)のウイスキーの仕込みにも使われている地下150mから汲み上げたクリアで清冽な深層地下水とし、あわせて白樺の活性炭で磨き上げたクリアなウォッカを使用しました。

 『アサヒスーパーサワー』のフレーバーは、缶チューハイ市場で人気の高いレモンとグレープフルーツの2種とし、容器は缶500mlと缶350mlとしました。
 パッケージは、冷たさを連想させるブルーをベースに、鮮烈に中味がはじける果実を中心に配したパッケージとし、素材に徹底的にこだわることで実現した高品質サワーの爽やかな美味しさを強力に訴求していきます。

 アサヒビール(株)は、ビール・発泡酒市場で培った業界最大級の販売網や情報・物流インフラを強力に活用し、成長著しい缶チューハイ市場において、早期にアサヒブランドを確立することを目標として取り組んでいきます。


【商品概要】
商品名 『アサヒスーパーサワー』
発売品種 缶500ml、缶350mlとも各2フレーバー(レモン・グレープフルーツ)の4品種
アルコール分 2フレーバーともに7%
発売日 平成14年5月22日(水)
発売地域 全国
希望小売価格 缶500ml:190円(消費税別)
缶350ml:140円(消費税別)
製造工場 ニッカウヰスキー(株)柏工場
年間目標箱数 500万箱(缶250ml×24本換算)
※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。