*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成13年10月12日
第16回「アクティオ健康セミナー」開催のお知らせ
テーマは「健康を考える 〜ミネラルの重要性〜」
アサヒビール株式会社
アサヒビール薬品株式会社
 

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 福地茂雄)の薬品事業のグループ会社であるアサヒビール薬品株式会社(本社 東京、社長 岩城耕一郎)は、11月10日(土)に、第16回「アクティオ健康セミナー」を開催します。

 アサヒビール薬品(株)では創業以来"医薬品および健康関連商品を通じて、人々の健康づくりと、活力ある長寿社会の実現に貢献する"との企業理念のもとに、皆様の健康づくりに貢献する事業活動を行っています。「アクティオ健康セミナー」もその一環として実施しているもので、毎回多彩な講師を迎え、健康や栄養に関する様々な情報を提供するセミナーとしてご好評いただいています。

 今回は「健康を考える 〜ミネラル(*1)の重要性〜」をテーマに、大妻女子大学教授の大森佐與子氏を講師に迎え、ミネラルの摂取が重要視され始めている理由、微量元素の生体における役割や健康・病気との関わりなど、ミネラルについての幅広いお話をしていただきます。

 定員は300名で参加料は無料となっています。応募多数の場合は抽選とさせていただきます。

 サプリメントシリーズ「Actio(アクティオ)」は平成7年の発売以来、現代人のためのサプリメントとして、幅広いお客様からのご支持をいただいています。毎年アイテムを追加による拡充を重ね、本年7月には、厚生労働省で創設された新制度「保健機能食品制度」の重要性をいちはやく受け止め、ビタミン・ミネラル類の5アイテムを保健機能食品(栄養機能食品)としてリニューアルいたしました。現在のアイテム数は23アイテムとなっています。

(*1) ミネラル:人体は60兆個の細胞から成り立っていますが、この細胞はタンパク質で構成されています。また、このタンパク質はアミノ酸などの分子の集まりで、この分子は元素から成り立っています。現在、地球上で認識されている元素の総数は118種以上であり、大きく「必須元素」と「非必須元素」に大別されます。そのうち生命維持に不可欠なものが前者の「必須元素」であり、その中に「ミネラル」と呼ばれるものが存在します。


<アクティオ健康セミナー実施要項>
名 称
アクティオ健康セミナー「健康を考える 〜ミネラルの重要性〜」
日 時
平成13年11月10日(土)
開場 午後12時00分              
開演 午後13時00分(午後14時30分終了予定)
会 場
東京都墨田区吾妻橋1−23−1 
アサヒビール吾妻橋ビル3階大会議室
講 師
大森佐與子(おおもりさよこ)
大妻女子大学 社会情報学部 社会環境情報学専攻 健康科学研究室教授
1961年 甲南大学理学部化学科を卒業
1986年 大阪大学工学博士の学位授与
1992年 大妻大学教授就任、現在に至る
現在はストレスの生体ミネラルに及ぼす影響、長寿因子と微量元素、栄養摂取と微量元素および環境と遺伝子などの研究に力を注いでいる
内 容
健康維持には免疫機能を健全に保持し、抗酸化機構を活動的に維持することが不可欠であり、それには食生活が大きく影響しています。微量元素の摂取が重要視されていますが、この微量元素と呼ばれる物質は、生体に微量に存在し、生命活動すなわち健康維持に本質的な役割を果たす大切な栄養素です。しかし、生体内では作ることができないため食物から摂取しなければなりません。また、各種の元素をバランスよく摂取することが重要です。今回は、なぜ今微量元素の摂取が重要視され始めているのか。微量元素の生体における役割や、健康・病気との関わりなど、幅広く微量元素についてわりやすく解説していただきます。
申し込み方法
ハガキ・FAX・ホームページのいずれかで募集しています。ハガキ・FAXの場合、郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・希望人数(1枚で2人まで可)をご記入の上、下記宛先までお申し込みください。
応募者多数の場合抽選の上300名様をご招待します。なお、当選者の発表は案内状の発送(10月下旬)をもってかえさせていただきます。
<宛先>
〒104-0031 東京都中央区京橋1−19−8 大野ビル3階          
(FAX:03―3563―0615)          
アサヒビール薬品 セミナー係 
<ホームページ>http://www.aby.co.jp/seminar/no16/entry.html
応募締め切り
平成13年10月21日(日)(当日消印有効)



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。