*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成13年10月4日
国産最長貯蔵ブレンデッドウイスキー ニッカ「竹鶴35年」
700本限定で発売
アサヒビール株式会社
 

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 福地茂雄)は、ニッカウヰスキー株式会社(本社 東京、社長 宇野正紘)の製造するウイスキー ニッカ「竹鶴35年」を、昨年の新発売に引き続き11月7日(水)から全国で発売します。国産では最長貯蔵のブレンデッドウイスキーとなる「竹鶴35年」は、アルコール度数は43度、容量750ml、メーカー希望小売価格は50,000円で、生産数量は昨年同様の700本限定とします。

 「竹鶴35年」は、昨年11月にニッカウヰスキー(株)が発売したウイスキー「竹鶴12年ピュアモルト」と同時に発売しました。「竹鶴35年」は、35年以上熟成させたモルトウイスキーとグレーンウイスキーを、ニッカウヰスキーのブレンダーチームが創業者であり初代マスターブレンダーである竹鶴政孝 直伝の技術をもってブレンドしたウイスキーです。長期間を熟成に費やした原酒の希少性 からだけでなく、華やかで熟成感あふれる香り、洗練されたブレンドが高く評価され、昨年は発売から1ヶ月でほぼ予定数を終了しました。
 今回、35年間の熟成を終えた原酒の樽空けを待ってブレンドされる「竹鶴35年」は、シェリー樽による洗練された熟成香、熟した果実をおもわせる香りやなめらかな味わい、深い余韻が特長で、昨年度のブレンドを踏襲したものとなっています。また重厚感あふれるラベルには、ニッカウヰスキー相談役である竹鶴威が直筆で署名とボトルナンバーを記入しています。

 ニッカウヰスキー創業者の名を冠したウイスキー「竹鶴」シリーズは、品質の高いウイスキーを リーズナブルな価格に設定し、新たなウイスキーの価値・おいしさを提案することをコンセプトに開発した商品です。本年4月には「竹鶴17年ピュアモルト」「竹鶴21年ピュアモルト」をラインアップに加え、「竹鶴」シリーズは発売から1年を待たずに10万箱(実箱数)以上を販売し、高級ウイスキーのヒット商品として業務用市場などから好評をいただいています。
 アサヒビールは、「竹鶴」ブランドの品質の高さを象徴する「竹鶴35年」を発売することで、「竹鶴」シリーズのさらなるブランド確立を図っていきたいと考えています。

 なお、アサヒビールのホームページにおいても「竹鶴35年」に関する詳細な商品情報を発信し、同時にオンライン販売(※)も行うことで話題を喚起します。

※オンラインショップ=アサヒビールオンラインショップ(http://www.asahishop.net/


<商品概要>
商品名
ニッカ 竹鶴35年
分類
ウイスキー類ウイスキー
製造
ニッカウヰスキー株式会社
販売
アサヒビール株式会社
アルコール分
43%
容量・荷姿
750ml・びん
希望小売価格
50,000円(消費税別)
出荷数量
700本限定
発売日
平成13年11月7日(水)
発売地域
全国
※上記の希望小売価格は単なる参考価格であり、小売価格を拘束するものではありません。



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。