*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成13年7月27日

アサヒ本生に新容器3品種(缶1000ml、缶250ml、缶135ml)が登場
〜発売5ヶ月で早くも2000万箱突破、更なる存在感拡大を目指す〜

アサヒビール株式会社
 

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 福地茂雄)は、本年2月に新発売した発泡酒「アサヒ本生」の新容器3品種(缶1000ml、缶250ml、缶135ml)を9月19日(水)に全国で新発売します。

 「アサヒ本生」は、本年2月に発売して以来、多くのお客様からご支持を頂戴し、発売から5ヶ月足らずの7月18日(水)に早くも2000万箱(1箱:大びん633ml×20本)を突破しました。5ヶ月足らずで2000万箱を突破するのは、発泡酒市場で史上最速の記録となります。
 この大きな反響に対応し、年初目標の1500万箱を倍以上となる4000万箱と上方修正しました。また、生産拠点を茨城工場と西宮工場の2拠点から、5月には名古屋工場、今月末には福島工場も新たな生産拠点とし、全4拠点での生産体制を構築します。

 アサヒビール鰍ヘ、現在「アサヒ本生」の容器ラインアップとして、缶500ml、缶350ml、スタイニーびん334mlの3品種を展開していますが、お客様の多様化する容器へのご要望にお応えするために新容器3品種(缶1000ml、缶250ml、缶135ml)を品揃えに加えます。
 なかでも缶135mlは、発泡酒商品としては業界唯一の展開であり、「アサヒ本生」のより一層のトライアル需要拡大を図ると同時に、発泡酒の持つカジュアルなシーンを更に盛り上げる新容器として大いに期待しています。

 アサヒビール鰍ヘ、本年発泡酒市場に新規参入し、上半期の発泡酒市場において2割を超えるシェアを獲得しました。下半期も好調な「アサヒ本生」のブランド力強化に特化したマーケティング活動を積極展開し、ビール・発泡酒市場おいてアサヒビール鰍フ圧倒的な存在感確立を目指していきます。


【「アサヒ本生」新容器概要】
商品名
アサヒ本生
容器容量
缶1000ml
缶250ml
缶135ml
希望小売価格
384円(消費税別)
115円(消費税別)
70円(消費税別)
外装
ダンボールカートン
12本入り
ダンボールカートン
24本入り
ダンボールカートン
24本入り
発売日
2001年9月19日(水)
発売地域
全国

缶250ml、缶135mlは、「6缶パック×4」も同時に発売します。
※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。





[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。