• はい
  • いいえ

 


平成11年4月16日
アサヒビールレクチャーコンサートin 埼玉
『日本の声 〜真言声明の世界〜』
開催のお知らせ
アサヒビール株式会社
 
 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 福地茂雄)は、6月21日(月)午後7時から、「彩の国さいたま芸術劇場(埼玉県与野市)小ホール」において、“アサヒビールレクチャーコンサートin 埼玉『日本の声 〜真言声明の世界〜』”を開催します。
 アサヒビール(株)では、企業メセナ活動の一環として、社有施設を中心に様々な会場で、   一般のお客様を無料でご招待する社員の手作りの「ロビーコンサート」を平成2年より実施しています。これまで52回を数える東京の本部ビルでの開催に加え、アサヒビール(株)の全国の工場や支社支店のある都市でも開催を続けています。
 また、ロビーコンサートをさらに一歩進め、より新しい情報発信の試みとして実施するレクチャーコンサートシリーズを平成9年より東京、福岡などで実施し、「音楽」の楽しみ方をより深く模索するものとして好評を頂いています。このレクチャーコンサートは、音楽や演奏についての理解をより一層深めて頂くことを目的としており、演奏とともにそのコンサートの内容を専門家の方にわかりやすく解説して頂く構成になっています。
今回、埼玉では昨年実施したレクチャーコンサートシリーズの中から、とりわけ反響の大きかった「真言声明」をとりあげます。
首都圏では、本部ビル(東京都墨田区)、東京工場(東京都大田区)に続く開催となりますが、「彩の国さいたま芸術劇場」という首都圏地区でも屈指の芸術ホールにおいて無料で開催することから、お客様に喜んで頂きご参加頂けるものと期待しています。

【レクチャーコンサート概要】
名称   アサヒビールレクチャーコンサートin 埼玉
 『日本の声 〜真言声明の世界〜』
日時   平成11年6月21日(月)
開場 午後6時30分、開演 7時00分、終了 8時00分(予定)
会場   彩の国さいたま芸術劇場(埼玉県与野市上峰3−15−1)
小ホール
出演者   真言宗豊山派 の僧侶のみなさん
  茂手木潔子(もてぎ・きよこ/音楽学)
東京芸術大学大学院音楽研究科修了。国立劇場演出室に6年あまり勤務し、文楽、雅楽、声明、民族芸能、邦楽・邦舞など伝統芸能公演の制作・演出助手を務める。現在上越教育大学教授。著書に『文楽 声と音と響き』(昭和63年)、『日本の楽器』(昭和63年)、『おもちゃが奏でる日本の音』(平成10年)、共著『日本の音 全5巻』(昭和62年)など。
演奏曲目   九条錫杖、四智梵語讃、唄、散華、壽量品、舎利禮、真言、説草、般若心経、合殺
ポイント   今や世界の音楽シーンにおいて、日本の代表的な響きとして注目を集めている「声明」。仏教の世界で歌われる「声明」は、たった一本の旋律でありながら僧侶がうたう様々な「声」が音色の帯を作り出します。さらに、その単旋律が織りなすダイナミズムが、宗教的意味を越えて、普遍的な「音」の持つ力を再確認させてくれます。今回は真言宗豊山派の僧侶による声明を取り上げます。前半に音楽学の茂手木潔子先生に「声明」について解説をしていただき、後半には20数人の僧侶に出演いただき、演劇性をもたせた「声明」を披露していただきます。
*声明について   仏教の儀式の中に参画する僧侶たちが仏のために唱えるもの。もともとの語源はインドに起源をもつ仏教の五学問の一つで、サンスクリット語の「sabda-vidya」の漢訳。日本の声の音楽の原点になっていると考えられる。なお、日本の声明の種類には、真言宗の声明以外に、天台宗による声明やその他日蓮宗や浄土系、禅宗の声明など様々なものがあるが、真言宗の、また特に豊山派によるものは、かなりはっきりとした旋律をもつものが多く、また男性的な力強い声で歌い上げるもの。
申込方法   往復ハガキに住所、氏名、年齢、電話番号をご記入の上、下記宛先までお申込下さい。
5月20日(木)(消印有効)まで受付し、ペア100組200名様を無料でご招待します。
【宛先】 〒130-8602  東京都墨田区吾妻橋1-23-1
アサヒビール埼玉レクチャーコンサートB係



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。