• はい
  • いいえ

 


平成11年3月29日
「アサヒ黒生」の新テレビCF『ヨットハーバー』篇を
4月1日(木)から放映開始
〜缶3品種のパッケージデザインをゴールドに一新し新発売〜
アサヒビール株式会社

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 福地茂雄)は、「アサヒ黒生」の新テレビCF『ヨットハーバー』篇を4月1日(木)から全国で放映開始します。

 『ヨットハーバー』篇は、「アサヒ黒生」の商品コンセプトである“自分の時間をゆっくりと楽しむための味わいのビール”を表現した内容となっています。
 夏の夜のヨットハーバーで、気心の知れた友人たち、そして“黒ベエ”と一緒に「アサヒ黒生」を飲みながら、写真家の「浅井愼平」氏がくつろぎのひとときを楽しみます。音楽には「We’re All Alone」を使用し、ゆったりと流れる心地良い時間の過ごし方を通して「アサヒ黒生」ならではの味わい深さを表現しています。
 「アサヒ黒生」のキャラクター“黒ベエ”は、ラブラドールレトリバー犬で、名前は「ケリー」です。

 「アサヒ黒生」は、平成7年10月の発売以来、“アフター9のビールです”をキャッチコピーに、自分の時間を楽しみながらじっくりと味わっていただくビールとして、多くのお客様にご好評をいただいています。
 厳選されたオリジナルの黒麦芽、クリスタル麦芽、ミュンヘン麦芽などをバランス良くブレンドすることによって、独特の味わいとまろやかなコクを実現しています。また黒麦芽のローストに“すっきりロースト製法”を採用し、味わい深さと飲みやすさを実現し、「アサヒ黒生」ならではのおいしさを生み出しています。

 アサヒビール(株)は、「アサヒ黒生」缶3品種(缶500ml・缶350ml・缶250ml)のパッケージのベースカラーを“ゴールド”に変更し、4月1日(木)から新発売します。同日から放映を開始する新テレビCF『ヨットハーバー』篇は、デザインを一新した「アサヒ黒生」を月のカットと重ね合わせ、高級感のあるものに仕上げています。

 アサヒビール(株)は、「アサヒ黒生」を、ビールの楽しみ方を広げるために提案する “個性派ビール”のラインアップのひとつとして、新テレビCFの放映開始とともに、さらにブランドの強化を図っていきます。


【アサヒ黒生 テレビCFの概要】
タイトル
『ヨットハーバー』篇
広告コピー
「もう少し飲みたい夜があります。アフター9のビールです。アサヒ黒生。」
主な主演者
浅井愼平 写真家
1965年日本広告写真家協会賞受賞後、幅広い分野で活躍中。
黒ベエ ケリー(ラブラドールレトリバー)
音楽
「We’re All Alone」
作詞・作曲・歌:BOZ SCAGGS(ボズ・スキャッグス)
放映開始
平成11年4月1日(木)から全国で放映



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。