• はい
  • いいえ

 


平成11年3月9日
低カロリーなヘルシー栄養ビスケット『ハイチョイス』
「プレーン味」「ココア味」「チーズケーキ味」の3品種をリニューアル新発売
〜よりサクっとおいしく、栄養素を増量〜
アサヒビール株式会社
アサヒビール薬品株式会社

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 福地茂雄)の薬品事業の子会社であるアサヒビール薬品株式会社(本社 東京、社長 岩城耕一郎)は、ダイエットをサポートする低カロリーなヘルシー栄養ビスケット『ハイチョイス』を味、パッケージデザインともにリニューアルし、3月15日(月)より全国で新発売します。

 食生活や生活習慣が変化し、数多くの食品が市場に出回り、何でも選択できるようになった現代では「微量栄養素は不足しているが、カロリーは過多」という現象がおこり、生活習慣病の予防や、美容などのために若年層を中心にダイエットに取り組む人が増えています。
 このような現象を背景にバランス栄養食品、ダイエット食品の市場規模は年々増加傾向にあり、1998年は、約920億円(前年対比102.2%)に達したものと推定されます。
 アサヒビール薬品(株)では、このようなニーズに対応し、特に若い女性を中心に、不足しがちな栄養素を補いつつおいしく食べてダイエットできる食品『ハイチョイス』を平成9年より発売してきました。今回、お客様のご要望にお応えし、よりサクサクとした食感とし、味にコクを出すと同時に食物繊維、カルシウムなどの栄養素を増量しました。

 『ハイチョイス』は、小麦胚芽入りの「プレーン味」、ビターな「ココア味」、レモン風味の「チーズケーキ味」の3品種です。

 ひと口サイズのビスケットで、砂糖不使用によりカロリーを1枚15kcal(一般的なソフトビスケットに比べカロリーを約25%カットしています)におさえ、ダイエットに役立つといわれている“ガルシニアエキス”を1箱に1日の摂取目安量である1500mgを配合しました。
 さらに、食物繊維を増量し、1箱に「プレーン味」は9g、「ココア味」「チーズケーキ味」は6gを配合しました。食事の30分から1時間前に食べていただくと、食物繊維がお腹を満たし自然に食事量を抑えることができます。
 また、通常の食事では不足しがちな栄養素をバランスよく含んでおり、1箱に1日の栄養所要量の3分の1のビタミン7種と鉄分、カルシウムは1日の栄養所要量600mgを配合しています。
 パッケージデザインも一新し、『ハイチョイス』と大きくブランド名を配し、明るく華やかでおしゃれなデザインとしました。さらに裏面や側面には“ガルシニア”の効用や正しい食べ方などをわかりやすく記載しています。また従来通り、食べ過ぎを防止できるように小分けし、1袋3枚入りを1箱に4袋入れたパッケージとなっています。

 ちょっとお腹がすいた時、おやつが食べたい時に、カロリー過多を気にせず気軽に安心して食べていただけるダイエットをサポートする食品として、幅広い層の方々の人気を集めるものと期待されます。


<ハイチョイス 商品概要>
商品名
ハイチョイス
プレーン味
ハイチョイス
ココア味
ハイチョイス
チーズケーキ味
名称
菓子、栄養調整食品
菓子、栄養調整食品
菓子、栄養調整食品
原材料
小麦粉、ショートニング、ポリデキストロース、還元水飴、小麦胚芽、還元麦芽糖水飴、セルロース、小麦ふすま、 ガルシニア・カンボジア果皮エキス、卵殻Ca、膨脹剤、ビタミン(V.C、ナイアシン、V.E、V.B2、V.B1、V.A、V.D)、食塩、香料、ピロリン酸鉄 小麦粉、還元水飴、ショートニングココアパウダー、ポリデキストロース、セルロース、還元麦芽糖水飴、 ガルシニア・カンボジア果皮エキス、卵殻Ca、香料、ビタミン(V.C、ナイアシン、V.E、V.B2、V.B1、V.A、V.D)、食塩、 膨脹剤、レシチン、ピロリン酸鉄、甘味料(ステビア) 小麦粉、還元水飴、ショートニング、セルロース、ポリデキストロース、クリームチーズパウダー、 還元麦芽糖水飴、ガルシニア・カンボジア果皮エキス、卵殻Ca、レモン果汁、香料、ビタミン(V.C、ナイアシン、V.E、V.B2、V.B1、V.A、V.D)、紅花色素、 膨脹剤、食塩、レシチン、ピロリン酸鉄、甘味料(ステビア)
内容量
48g(4g×3枚×4袋)
カロリー
15kcal/1枚あたり、180kcal/1箱あたり
希望小売価格
200円
※希望小売価格は消費税別。

<アサヒビール薬品株式会社 会社概要>
会社名 アサヒビール薬品株式会社
社長 岩城 耕一郎
本社事務所 東京都中央区京橋1−19−8
電話 03−3563−0611
会社設立 平成6年3月
資本金 4億9000万円



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。