asahi

ASAHI BREWERIES RECRUIT INFORMATION 契約社員・パート・アルバイト採用情報

求人情報はこちら

asahi

契約社員・パート・アルバイト採用情報

求人情報

先輩の声 VOICE しっかり働きながら、プライベートも充実。周りのサポートもきちんとあるので、仕事に集中できます!先輩の声 VOICE

しっかり働きながら、プライベートも充実。周りのサポートもきちんとあるので、仕事に集中できます!

普段のお仕事内容について。
福島県の会津若松エリアの店舗を担当しています。1日4〜5店舗ほど廻り、売り場の構築やメンテナンス、商品の補充、納品のお手伝い、販売計画や新商品の商談などを行います。トータルで18店舗ほど担当しているので、おおむね1週間でひと回りしている計算です。
本部の販売計画に沿って商談を進めるのが基本ですが、自分なりに「より売れる」ように提案することもあります。提案が担当者様に受け入れられたとき、この仕事の醍醐味を感じます。
フィールドパートナー(以下FP)という仕事を選んだきっかけは?
前職は、お酒のディスカウントショップの店長をしていました。売り場づくりや各メーカーさんからの提案を受ける中で、自分がそこで経験したことをアサヒビールという大きな会社で、どこまで通用するのか試したいと思いFPを選びました。
まさに立場は真逆になりました。ただ、そのときの経験が今に活きていると感じています。こんな売り場にした方がいいのではないか、こうして話した方が受け入れてもらえるのではないかなどのアイデアが浮かぶのも、前職の経験があってこそだと思います。

FPの難しさとやりがい。
FPとは、ひと言で表現すると「人と人」の仕事。もちろんアサヒビールというブランドが後押ししてくれることもありますが、何よりも店舗の担当者様との関係構築が重要です。自分はそのために、一人の「人」として会話することを心がけています。決まった方法で、いつも担当者様の信頼を得られるわけではないので、そこが難しいことでもありやりがいを感じるところでもあります。
信頼を得られた担当者様からは「売り場、好きに使っていいよ!」と声をかけてもらったり、「この商品の売り方、どうすればいいと思う?」と逆に相談を受けたり。担当者様と距離が縮まったと感じたときに、とくに達成感がありますね。
周囲のサポートは?
月に数度の会議があり、成功した事例などを同僚と情報共有しています。またFPになりたての頃、なかなか担当者様と会話できず困っていたとき、上司から「何でもいいから話してみたら?」とアドバイスを頂き、心強かったですね。アサヒビールは大きな会社なので、もっと堅苦しいかと思っていたのですが、まったく違いました。支社の雰囲気も良く、みんな優しくて風通しもいいのでとても仕事がしやすい環境です。店舗からの要望を伝えれば、すぐに対応していただけるので感謝しています。
周囲のFPは、ほとんど未経験でこの仕事を始めています。また女性も半分くらい占めています。女性はきめ細かいフォローが得意な方が多いですし、やはり男性とは視点が違うので勉強になります。

FPという仕事を選んで良かった点。
大変なところはもちろんありますが、それ以上に楽しいです。あと、前職と比べてプライベートな時間が増えたのも良かったですね。子どもがバスケットボールをやっていまして、そのつながりでコーチとして参加したり、親同士の交流会に参加したりしています。今、審判の資格を取ろうと思っています。講習会に参加したり、実績を積んだり、大変ですがそのぶん充実しています。
FPの仕事は、時間もある程度自分でコントロールできるので、バスケのある日は早く切り上げようとかの調整もでき助かっています。家族も喜んでいますし、私も満足しています。
FPとして今後叶えたいこと。
残りの契約期間、全力でやっていこうと思っています。その後も、FPとして働いていきたいと考えているので、試験に合格し上級FPになるのが目標です。アサヒビールという会社とともに自分も成長していけたら、と考えています。

これからFPを志望される方へのメッセージ。

ほとんどの方が未経験から始まります。
研修制度も充実していますし、周囲のサポートも
きちんとあるので安心してチャレンジしてください!

自宅から担当店舗へ。
さっそく商談を始めます。

店舗廻りの合間を縫ってランチタイム。
次に訪問する店舗の提案資料を読み込みます。

今日は子どものバスケの日。
担当店舗から自宅へ直帰。
お疲れさまでした!

自分は手帳です。担当者様のご予定とか要望とかを忘れないようにメモしています。この仕事は、「信頼」第一。何気ない約束でも、忘れないようにするために手帳は欠かせません。とくに何か特別な手帳というわけではないですが、これがないと落ち着かないですね(笑)

ページトップへ