2020年9月28日
アサヒビール株式会社

酒税税率改正に伴う商品の価格改定について

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、2020年10月1日に施行される酒税税率改正に伴い、国内で販売するビール・新ジャンルの全ブランド、発泡酒(麦芽比率50%以上)、ワイン(アルコール10度未満の発泡性を有するワイン・甘味果実酒を除く)を対象に、生産者価格を同日より改定します。

※ビールギフト商品については、装製に伴う人件費等の高騰が続いているため、価格改定は実施いたしません。

■価格改定を実施する主なブランド

ビール アサヒスーパードライ、アサヒ ドライプレミアム豊醸
新ジャンル クリアアサヒ、アサヒ オフ、アサヒ ザ・リッチ
ワイン サントネージュ リラ、サンタ・ヘレナ・アルパカ

 今回の酒税税率改正では、1リットルあたりビールは20円の減税、発泡酒(麦芽比率50%以上)は20円の減税、新ジャンルは28円の増税、ワインは10円の増税となります。

 アサヒビール株式会社は、グループ理念“Asahi Group Philosophy”で掲げるミッション「期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造」の実現に向け、今後も様々な商品の展開を通じて、中長期的な価値創出を追求していきます。

以上

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。