*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ひと振りで、さらに近づくワインと料理のおいしい関係 Wine and cooking Salad elegance

ほんのひと手間で 誰もが驚く本格派メニューに変身!

料理5 チーズ入りドレッシングがワインと相性抜群 『レタスとスパイシートッピング のサラダ ポーチドエッグ添え』 ワイン5 ジネステ・ボルドー・ブラン(白) ジネステ・ボルドー・ブラン(白)

フランス、ボルドーの甘みと酸味の調和が絶妙なワイン。さわやかなグレープフルーツ、スモーキーな薫製の香りがかすかに感じられて、後味もすっきり。

基本的に簡単な作り方のサラダですが、ポーチドエッグを作るときだけは落ち着いて。手順さえ守れば、驚くほどおいしい仕上がりになってくれます。

ワンポイント VOICE
レタスとスパイシートッピング のサラダ ポーチドエッグ添えとジネステ・ボルドー・ブラン(白)

すっきり軽く、飲み口のいい白ワイン。こういう飲みやすい白はコクのあるドレッシングのサラダで。チーズが入ったドレッシングだから、ワインとの絆もより深まっているはず(笑)。

[ 材 料 ]
レタス…1玉/ベーコン…2枚/オリーブオイル…小さじ2 サラダエレガンス…少々/ポーチドエッグ…1個(※作り方5を参照してください)(クルトン用)/バゲット…適量/オリーブオイル…大さじ3 サラダエレガンス…少々(ドレッシング用)/マヨネーズ…大さじ3 プレーンヨーグルト/レモン汁…各大さじ1/おろしにんにく…小さじ1/4 パルミジャーノ…大さじ3/サラダエレガンス…少々
[ 作り方 ]1.ドレッシングの材料はボウルに入れてよく混ぜておく。 2.レタスは芯を取り除き、食べやすい大きさに手でちぎる。冷水にさらしてパリッとさせ、水気をしっかりと切る。キッチンペーパーでよく水気をふき取り、皿に盛る。 3.ベーコンは1cm幅に切る。フライパンにオリーブオイルとベーコンを入れて火にかけ、弱火でカリカリになるまで焼いて油を切り、サラダエレガンスをふる。 4.バゲットは1.5cm角に切る。フライパンにオリーブオイルを熱し、バゲットがカリッとなるまで焼き揚げる。ペーパーに取って油を切り、サラダエレガンスをふる。 5.ポーチドエッグを作る。鍋に水500ccを沸かし、塩小さじ1と酢大さじ2.5を加える(分量外)。湯の各少々表面がゆらゆらする程度に火を落とし、卵を器に割り入れて湯の中にすべり入れる。広がった卵白は黄身を包むようにフォークでかぶせながら丸く形を整え、2〜3分茹でたら冷水に取って冷まし、水気をきる。 6.2のレタスを敷いた皿に3のベーコンと4のクルトンを散らし、1のドレッシングをかける。5のポーチドエッグを乗せ、卵を崩してからめながらいただく。 1.むきエビは背ワタを取り、薄い塩水で洗ってぬめりを取りのぞき、キッチンペーパーで水気を拭き取る。 2.にんにくは皮をむいて横スライスにし、中の芯を取り除く。赤唐辛子は、割って中の種を取る。3.フライパンにオリーブオイルと2を入れて火にかける。細かい泡が出始め、にんにくの香りが立ったら弱火に。薄く色がつくまで熱する。
ワイン6 ジネステ・ボルドー・ルージュ(赤) ジネステ・ボルドー・ルージュ(赤) 料理6 火加減と仕上げのひと振りで大きく変わる 『スパイシー焼肉プチ丼』

渋みの中に奥行きがあり、飲み口は軽やか。タンニン豊かでバランスの取れた“ボルドーらしい”ボルドーワイン。ボルドーの中でも伝統を誇るジネステならではの安定感のある味。

牛肉は焼く直前に塩こしょうするのが固くならないコツ。火が通り過ぎないよう、さっと焼いてください。簡単にできるので、シメの一品としてもどうぞ。

ワンポイント VOICE
スパイシー焼肉プチ丼とジネステ・ボルドー・ルージュ(赤)

深く濃いのに、なおかつ軽やかなので、ぜひ牛肉と合わせたいですね。料理は牛肉だけではなく卵のまろやかさもプラスして、さらに複雑な感じにしてみました。

[ 材 料 ] 牛バラカルビ肉(焼肉用)…3〜4枚 卵…1個/白ごま…小さじ1/2 貝割れ菜…適量/ダシしょうゆ…大さじ1/2 塩/こしょう/サラダエレガンス…各少々/サラダ油…大さじ1 ごはん…茶わん1杯
[ 作り方 ] 1.卵はよく溶きほぐしておく。フライパンにサラダ油小さじ2を入れて熱し、うっすらと煙が立ち始めたら卵液を一気に入れて焼き、ふんわり火が通ったら取り出す。 2.同じフライパンに残りの油を足し、塩、こしょうした牛肉を焼いてダシしょうゆをまわしかける。 3.器にごはんを盛り、1の卵を乗せて2の牛肉を並べる。タレをかけ、白ごまを散らして貝割れ菜を乗せ、仕上げにサラダエレガンスを振りかける。
料理7 ひと味違うソースが間に入った 『ミルフィーユフライ』 ワイン7 カデ・ドック500 カベルネ・ソーヴィニヨン カデ・ドック500 カベルネ・ソーヴィニヨン

フランスのカベルネ種が醸し出す端正な風味の赤。チェリーなど赤い果実を思わせる少しだけスパイシーなフレーバーがアクセントに。

間に挟むニンニクとスパイスを利かせたソースがポイント。揚げるときにはグレープシードオイルを使うと、クセのない仕上がりになっておいしさもアップします。

ワンポイント VOICE
ミルフィーユフライとカデ・ドック500 カベルネ・ソーヴィニヨン

とても飲みやすく、クセのない赤。南フランスのぶどうの風味がしっかり出ていてお気に入りです。エチケットのデザインも素敵なのでプレゼントにしても喜ばれるでしょうね。

[ 材 料 ] 豚ロース薄切り肉…12枚	 塩/こしょう…各少々/マヨネーズ…大さじ3 おろしにんにく…小さじ1/サラダエレガンス…少々 小麦粉/溶き卵/パン粉…各適量	 揚げ油…適量
[ 作り方 ] 1.マヨネーズ、おろしにんにく、サラダエレガンスはボウルに入れてよく混ぜ合わせておく。 2.豚肉の両面に塩、こしょうをふる。片面に1を塗って上に肉を重ね、それをもう一度繰り返して3枚重ねにする。 3.小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、中温の揚げ油でカラリと揚げる。 ふたりの食卓は 飲みきりサイズで/「もっと手軽に」をコンセプトに、フランスの名門バロン・フィリップ社が手掛ける南仏ラングドックのヴァラエタルワイン。ふたりでちょうどいい、スタ イリッシュな500mlボトル入りです。
ワイン8 カデ・ドック500 シャルドネ カデ・ドック500 シャルドネ 料理8 シンプルだからこそワインの味が冴える 『セロリとドライトマトとくるみのパスタ』

南仏のシャルドネの凝縮された果実味が味と香りに強く感じられる白。同時に繊細さを兼ね備えた、フランスワインらしいエレガントさが魅力。

パスタはお好みでロングパスタを使っても。ドライトマトでコクを出し、「サラダエレガンス」のスパイシーさが加わっているので、絶対にワインが欲しくなる味だと思います。

ワンポイント VOICE
セロリとドライトマトとくるみのパスタ

フルーティでクセがなく、全体のバランスも取れていて、お酒に強くない女性でもOKな白ワインですね。オイル系パスタにはもちろんですが、これはデザートに合いそうです。

[ 材 料 ] ショートパスタ…160〜200g/セロリ…1本/ドライトマト…15g くるみ…20g/オリーブオイル…大さじ2/セロリ…1本 にんにく(みじん切り)…1片/パスタの茹で汁…50cc 塩/こしょう/サラダエレガンス…各少々/オリーブオイル…大さじ2
[ 作り方 ] 1.セロリは筋を取って薄切りにし、葉はざく切りに。ドライトマトは湯につけて戻してからせん切り。くるみは細かく砕いておく。 2.たっぷりの湯に塩を加え、パスタをパッケージの表示時間通りに茹でる。 3.フライパンにオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れて弱火にかけ、香りが出たら1のセロリと葉、ドライトマト、くるみを入れて炒め、パスタの茹で汁を加える。 4.茹で上げたパスタを加えてからめ、塩、こしょう、サラダエレガンスで味を調える。
料理のグレードを上げてくれる「サラダエレガンス」。 そのひと振りから、ワインと料理のおいしい関係がはじまります。
ワイン赤白×スパイス3本セット プレゼント! サラダエレガンスを使ったワインに合う料理コンテスト開催。 素敵な料理レシピをご応募いただいた方の中から、 抽選で30名様に、マスコットフーズのスパイス3本と、 アサヒワイン ジネステ・ボルドー・ルージュ(赤) /ブラン(白)2本を セットでプレゼントします! 応募期間 4月1日(木) 〜5月10日(月)10:00まで 
ひと振りで、さらに近づくワインと料理のおいしい関係

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。