*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ワインを知る

テイスティング

ワインは目で、鼻で、舌で楽しむ飲み物です。同じ品種から造られたワインでも、産地や土壌がわずかに違うだけで、その味わいは微妙に異なります。そんなワインが醸し出す多彩なニュアンスを利き分ける──それがテイスティングです。そこには単に飲み物としてだけではない、ワインの魅力の奥深さ、楽しみがあるのです。
テイスティングは色、香り、味の順に行います。

1.色を見る

ポイントは、色、濃淡、清澄度の3点。一般に、澄んで明るく、濁らずに色調が鮮やかで美しいものが良いとされています。色・濃淡から品種やワインの状態、貯蔵期間などを判断することもできます。

2.香りを嗅ぐ

ワインには、ぶどう本来の香り、発酵によって得られる香り、熟成とともに生まれてくる香りがあります。まずは、グラスに静かに鼻を近づけ、静かに香りを嗅ぎましょう。続いて、グラスの脚を持ってゆっくりと回し、空気に触れさせることでさらに多くの香りを嗅ぎとることができます。 果物や野菜、香辛料など、日常に存在する香りをワインの中に発見し、たとえてみると、楽しみも一段と増します。

3.味わう

ワインを少量口に含んで、舌の上で軽く転がし、甘み、酸味、渋み、苦味などを確認していきます。 その他、全体的なバランスやボディ(コク)、複雑味、余韻など、ワインの味わいをさまざまな側面から確認することでワインをより楽しむことができます。

ページの先頭へ