ボージョレ・ヌーヴォ
現地レポート

2016/11/18 :号外!

2016 ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート号外(2)

ボージョレ・ヌーヴォ解禁!

解禁日の11月17日(木)。
アンリ・フェッシから醸造責任者のローラン・シュヴァリエ氏が来日し、解禁を祝うパーティが行われました。
今年のヌーヴォについて、「ジューシーな果実味と若々しいアロマが見事にバランスを取ったとてもエレガンスな味」と語るシュヴァリエ氏。
広陵なぶどう畑で丹精込めて育てられたぶどうを、ひとつひとつ手摘みし、長年培われた醸造技術で仕上げられた今年のヌーヴォに込められた想いを、参加したお客様とともに感じながら、乾杯をしました。

ローラン・シュヴァリエ氏(アンリ・フェッシ醸造責任者)
ローラン・シュヴァリエ氏(アンリ・フェッシ醸造責任者)
左から)フロリオン・ミジョン氏(ルイ・ラトゥール社アンリ・フェッシ ヌーヴォのマーケティング日本担当) ドミニク・ピロン氏(ボージョレ・ワイン委員会会長) ローラン・シュヴァリエ氏(アンリ・フェッシ醸造責任者)
左から)
フロリオン・ミジョン氏(ルイ・ラトゥール社アンリ・フェッシ ヌーヴォのマーケティング日本担当)
ドミニク・ピロン氏(ボージョレ・ワイン委員会会長)
ローラン・シュヴァリエ氏(アンリ・フェッシ醸造責任者)

おつまみには、ボージョレ地方の郷土料理でもある「グジェール」が焼き立てで登場。シュークリームのシューのような生地に、お好みでチーズやハムなどヌーヴォに合う食材を挟んでいただくスタイルは、ちょっとした集まりやホームパーティにもあいそうです。

解禁日後は、「いい夫婦の日(11月22日)」や「勤労感謝の日(11月23日・祝日)」などが続きます。
秋の収穫を祝うヌーヴォとともに、ご家族やお友達とともに楽しい時間をお過ごしください。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。