ボージョレ・ヌーヴォ
まめ知識

2018/11/01:Vol.24

フルーリーのヌーヴォ

フルーリーのワイン。
それはピンク色をした土壌から生まれた、エレガントでベルベットのようになめらかでしなやかなワインです。

フルーリーのワインはガメイ・ノワールを使って造られています。その土壌は「ピンク・グラニテ」と呼ばれるピンク色の花崗岩で、その名のごとく、花のような香り(アイリス、スミレ、バラのような香り)と赤いフルーツやピーチのような香りが特長です。エレガントで絹のようになめらかなボディを持ち、「クリュ・デュ・ボージョレの女王」と呼ばれています。

フルーリーはボージョレの北のエリアに属し、山の稜線を背景にした小高い丘に位置しています。
このエリアは大きく2つに分かれ、丘の上の高地のぶどうからはより酸味のある辛口ワインが、丘のふもと付近のぶどうからはよりフルボディで熟成型のワインができます。

フルーリーにあるアンリ・フェッシのシャトー・レ・ラブロンは、ワイン畑に囲まれた大変美しい場所にあります。海抜350〜400mの主に南向きの急斜面に位置し、熟成型の上質ワインを産み出しています。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。