ボージョレ・ヌーヴォ
まめ知識

2018/10/11:Vol.22

レニエのヌーヴォ

クリュ・デュ・ボージョレ(Cru du Beaujolais)に認定されているレニエ(Régnié)は1988年にA.O.C.(Appellation d'Origine Contr ôlée)に昇格しました。クリュ・デュ・ボージョレの中ではもっとも新しいA.O.C.となります。
レニエというのは「レニエ・デュレット(Régnié-Durette)」とい人口1,000人程度の小さな村の名前がもとになっています。
村にあるレニエの看板には「クリュのプリンス(Prince des Crus)」と書かれています。

レニエの土壌は砂状の花崗岩であり、ここで収穫されるぶどうで造ったワインはやわらかなタンニンとリッチな果実味を持っています。

アンリ・フェッシはここレニエに自社畑とシャトー「シャトー・デ・レイシエール(Chateau des Reyssiers)」を所有しています。シャトーは1709年に建てられたものが現存しています。

ここで造られるワインは艶やかで深いルビー色を帯び、果実の優しい香りにブラックベリーのしなやかで繊細な味わいが楽しめます。

*クリュ・デュ・ボージョレについて
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/beaujolais/info/info14/

*A.O.C.について
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/know/wine/c_02.html

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。