ボージョレ・ヌーヴォ
まめ知識

2018/9/20:Vol.21

ボージョレへの行き方について

ボージョレは風光明媚で大変静かで美しい場所です。また、世界遺産のフランスの大都市リヨンから近いので、リヨンからの日帰りプランを組んでもよいでしょう。

今回は簡単にリヨン(Lyon)からボージョレへの行き方をご紹介しましょう。
ボージョレとは、地域の名前であり、最寄の駅は、ヴィル・フランシュ・シュル・ソーヌ駅(Gare de Villefranche-sur-Saône)となります。

まずはリヨンまで
【空路】
日本からリヨンまでの直行便はありませんが、リヨン・サン=テグジュペリ空港(Aéroport de Lyon-Saint-Exupéry)へはパリのシャルル・ド・ゴール空港(Aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle)をはじめ、ヨーロッパ各地や中東の空港から乗り入れ可能です。
空港からはローヌ・エクスプレス(Rhônexpress)というエアポートトラムがリヨンの主要駅であるリヨン・パール・デュー駅(Gare de Lyon-Part-Dieu)に乗り入れています(直通30分)。
タクシーの場合は、空港からリヨン市内までは45〜60ユーロ。所要時間は時間帯にもよりますが30分程度です。(大抵の場合渋滞しているので、時間には余裕を見た方がよいでしょう)

【鉄道】
パリから鉄道でリヨン・パール・デュー駅(Gare de Lyon-Part-Dieu)まで行く場合は、シャルル・ド・ゴール空港からだとニース行きのTGV(Train à Grande Vitesse/ フランス国鉄が運行する高速鉄道)でおよそ2時間半です。パリのガール・ド・リヨン駅(Gare de Lyon)からは約2時間。この場合途中のマコン・ロッシュ駅(Gare de Mâcon-Loché-TGV)で降りればボージョレはすぐそこですが、ここからの移動手段は車かバスになります。

リヨンから
【鉄道】
リヨンの主要駅であるリヨン・パール・デュー駅(Gare de Lyon-Part-Dieu)からディジョン行きのTER(Transport express regional/フランス国鉄のローカル列車)に乗車。約45分でヴィル・フランシュ・シュル・ソーヌ駅(Gare de Villefranche-sur-Saône)に着きます。電車の型にもよりますが、1等も2等も席の広さなどはあまり変わりません。
駅についたら、ここからボージョレ地域まではタクシーになります。大きな駅ではないですし、日本のようにタクシーが常に走っているわけでもありませんので、あらかじめ予約をしていくことをおすすめします。日曜日は特に、静かな駅です。
また、リヨンには、日本語のツアーを企画している会社やプライベートツアーを引き受けてくれる会社もあるので、事前に日本からコンタクトしておくこともおすすめします。

左:ボージョレ地方 ブルイィの丘初夏
右:ブルイィの丘の上から。秋のボージョレ。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。