ボージョレ・ヌーヴォ
まめ知識

2017/9/14:Vol.19

アルデッシュについて

 200年以上もの間、家族経営を守り続け、ブルゴーニュを代表するワインの造り手としてその名を馳せるルイ・ラトゥール社。コート・ドールで最大規模のグラン・クリュを所有しており、"コルトンの帝王"と呼ばれています。

 そのルイ・ラトゥール社が、1979年から南仏ロ−ヌ・ヴァレーの西に位置するアルデッシュ地区の良質な石灰質土壌に着目し、シャルドネ種を植えて、「ルイ・ラトゥール アルデッシュ・シャルドネ」を造り上げました。

 アルデッシュはローヌ河西岸から南ローヌの中心部分にかけて、さらに北ローヌにまで広がっています。気候と土壌に恵まれ、洗練されたミネラル系のアロマを持つ、リ−ズナブルな高品質のシャルドネ・ワインとして、世界的に高い評価を受けることになりました。

 2008年にルイ・ラトゥール社の傘下になったアンリ・フェッシ。「アンリ・フェッシ アルデッシュ・シャルドネ・ヌーヴォ」は、この南仏アルデッシュ地区の、「ルイ・ラトゥール アルデッシュ・シャルドネ」と同じ畑のぶどうから造られます。さわやかな香りと、溌溂とした酸味、そしてすっきりとした口当たりの味わいに仕上がることでしょう。

左:アルデッシュ畑
右:アルデッシュぶどう

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。