*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

ボージョレ・ヌーヴォ
まめ知識

Vol.17 ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)について

ヴィエイユ・ヴィーニュ(Vieille Vignes)とはフランス語で「樹齢の高いぶどうの木」を意味します。ぶどうは長命な植物で、大体120年くらいは生き続けるとされています。樹齢を重ねるごとに(20年目あたりから)木に成る果実の量は減少しはじめ、結果として収穫量は低下しますが、少ない果実には太陽の光が十分に当たり、また、栄養も十分に行き渡るため、品質はむしろ高くなるとされているのです。ボトルのラベル等で、「ヴィエイユ・ヴィーニュ」と表記されている場合、フランスでは大体30〜40年以上の樹齢のものを指しますが、実際その樹齢が古木と呼ぶにふさわしいかどうかは、生産者によって随分意見が異なります。
「アンリ・フェッシ・ヴィエイユ・ヴィーニュ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」は、自社畑にある樹齢50年以上の厳選された完熟ぶどうを使用したプレミアムなヴィラージュ・ヌーヴォです。「オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」は、「アンリへの敬意」を意味し、平均樹齢80年の古木(一部百年ものを含む)のぶどうを厳選して使用しています。

左:オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ
右:ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)
※商品デザインは撮影当時のものになります。 ※商品デザインは撮影当時のものになります。