ボージョレ・ヌーヴォ
まめ知識

2017/8/17:Vol.15

「クリュ・ボージョレ」について その2

クリュ・ボージョレは、北から順に下記の10の村から構成されています。

「サン・タムール」は直訳すれば「愛の聖人」ですが、かつてこの地を訪れた古代ローマ兵士アムールの名前に由来します。「ジュリエナス」は、「ジュリアス・シーザー」にちなんで名付けられました。「シエナス」はクリュ・デュ・ボージョレで最小の面積。丘一面がシェナ(樫)で覆われた森だったことに由来します。「ムーラン・ナ・ヴァン」は「風車」を意味し、粉碾きのために建設された多くの風車の中の一つが丘に残されたことに由来します。「フルーリー」はその名の通り「花」のような優しい味わい。「シルーブル」は最も標高の高い場所に位置し、「モルゴン」は片岩と古い火山岩の土壌から力強く肉付きの良いワインを産します。「レニエ」は 1988年に昇格した最も新しいAOCで、アンリ・フェッシの本拠地のある「ブルイィ」は、 最も面積の広いAOCです。「コート・ド・ブルィ」は、ブルイィとともに最も南に位置しますが、畑の標高が高いため、最も繊細で女性的といわれています。

*「クリュ・ボージョレ」についてはこちらのページもご覧ください。
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/henryfessy/cru/index.html

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。