ボージョレ・ヌーヴォ
まめ知識

2016/9/1:Vol.6

ボージョレ・ヌーヴォの輸出量は日本がNo.1?

ボージョレ・ヌーヴォは、11月の第3木曜日午前0時に解禁されますが、当然、ワイン自体はこの日までに世界中に運ばれます。予定時刻より前に栓を抜いてはならないことになっていますので、日本は日付変更線の関係で、本場フランスよりも約8時間早く、「ボージョレ・ヌーヴォ」の栓を開けて楽しむことができると言えます。日本はもともと、作物の旬の季節にこだわり、新米や新茶を楽しんだり、初鰹など初物を珍重する習慣がありますが、ワインの新酒祭りも親しみを込めて迎えられ、年々定着してきました。

2014年のボージョレ・ヌーヴォの全生産量はボトル換算で約2,800万本、そのうち海外への輸出量は約1,300万本。日本へは半数以上を占める約730万本が出荷され、2位のアメリカ(約180万本)を大きく引き離して第1位となっています。フランス国内の販売量約1,500万本には及ばないものの、ボージョレ・ヌーヴォ解禁は、日本でもメジャーなイベントとなっています。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。