*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 
アサヒの焼酎愉しみ方コラム
TOPに戻る

アサヒの焼酎特集:日本の春を迎える

旬の食を味わう 春を感じて飲む
立春が過ぎて春一番が吹くころ─。風が春を運んできます。そろそろ植物が芽吹き、花の蕾がふくらみ始めます。近ごろ、旬を愉しむという習慣がうすれていく気がします。まだ春は浅い。そんな季節だからこそ、やわらかい味と香りを持つ「かのか」でひと足早い春の香り、和の心を感じてはいかがでしょう。季節を愛でる旬の魚や野菜を取りそろえ、春の兆しのひとときをお愉しみください。

日本の春を迎える 旬の食を味わう

春の代名詞、鰆を肴に「かのか」を味わう。
店先に鰆が出始めると、春の訪れを期待してつい手にとります。春先の鰆は産卵前のため脂がのっているので、おいしい時期。すっきりとした味わいの「かのか」とともに味わってみてはいかがでしょう。
鰆[SAWARA]
一般的に青魚は赤身が多いが、鰆は白身が特徴。さわらと呼ぶが、「さ」は狭い、「はら」は腹を意味している。特に関西では春鰆を好み、塩焼き、西京漬け、照り焼きなど料理の仕方も多く、好まれている。身がやわらかく身割れしやすいので、たれや味噌に漬けこむときはやや長めにしたほうが美味。
鰆[SAWARA]
お酒に合う ズバうま!レシピ から春のレシピをご紹介!
鰆の木の芽味噌焼き 鰆の木の芽味噌焼き
春ならではの木の芽を鰆と一緒に楽しみましょう。さんしょうの新芽である木の芽と鰆の組み合わせは、まさに出会いの一品。鰆の淡泊な味と風味が木の芽味噌との相性よく、滋味あふれるおいしさになります。焼き目と彩りが美しく上品な味わい。さらに木の芽の香りでお酒もすすみそう。
レシピ・詳細を見る
早春の香り、芹とともに「かのか」を愉しみたい。
お酒に合う ズバうま!レシピ から春のレシピをご紹介!
クレソンとクルミのおひたし クレソンとクルミのおひたし
 
あれこれ手間をかけず素材感、持ち味をギリギリまで出すことが大切です。クレソンは歯ごたえを残す程度にゆでます。シャキシャキした食感と香ばしいクルミの意外な取り合わせ。クレソンの爽やかなほろ苦さもおいしさのひとつ。シンプルながら酒に合う一品です。
レシピ・詳細を見る
昔は春の兆しを感じると、その家庭でも芹が食卓に並んだものです。色よくさっとゆで上げた芹を器に盛ると、一気に春を集めた感さえします。早春の香り、心地よい歯ごたえとすがすがしい香りが相まった格別の味わい。「かのか」とともに春の味覚を愉しみませんか。
芹[SERI]
春の七草のひとつに挙げられ、春の息吹を感じられる野菜である。湿地や田んぼ周辺の水路に育生する。春先に若い苗を食べ、野性的な香りとほろ苦さが魅力。洋芹はクレソンと呼ばれ、芹に比べると香りはやわらか。油との相性もぴったりなので、天ぷらやごまあえなども最適。おひたしに限らず、やわらかなところはサラダにしても美味。
さらに! お酒に合う ズバうま!レシピ から春のレシピをご紹介! ほかにも「かのか」と味わう春のメニューがあります。うどやふきなど、どれも春を先取りした一品ばかり。※レシピ詳細は画像をクリックしてご覧ください。
うどのきんぴらじゃこ炒め 明太子の卵焼き・青ネギの卵焼き たけのこと鶏団子の若竹煮 うなぎのかぶら蒸し ふきと生麩の含め煮
アサヒの焼酎特集:日本の春を迎える 旬の食を味わう 春を感じて飲む

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。