*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

焼酎ができるまで

焼酎ができるまでTOP 焼酎の基礎知識 門司工場での製造工程 さつま司蒸溜蔵での製造工程
さつま司蒸溜蔵での製造工程  
STEP1 米麹を造る STEP2 一次もろみを造る STEP3 二次もろみを造る STEP4 蒸溜・熟成させる STEP5 パッケージング・出荷
STEP3 二次もろみを造る
一次もろみに、芋焼酎の原料となるさつまいも「黄金千貫」を入れて、さらに2週間、発酵。
5 さつまいも「黄金千貫」を、蒸して投入
ここで登場するのが、主原料のさつまいも「黄金千貫」。
大きな蒸し器で甘く蒸しあげ、クラッシャーで砕いた黄金千貫を一次もろみと一緒に仕込みタンクの中に投入します。
6 材料をかきまぜる
温度が上がりすぎないよう気をつけるのは、ここでも同じ。「うまい焼酎になれよ!」と心を込めてかきまぜ、温度上昇を防ぐとともに、濃度を均一にします。こうして、さつまいもの風味と旨みを取り入れながら、発酵を進めたものが「二次もろみ」。
POINT
毎日、発酵中のもろみを布でこして検査へ。アルコール度数や酸度をチェックし、発酵経過を確認します。
STEP4 蒸溜・熟成させる
「もろみ」から、透明な芋焼酎の原酒を抽出。貯蔵・熟成を経て、まろやかな仕上りに。
7 蒸溜する
発酵が終わった二次もろみを蒸溜器に移して蒸溜開始。それぞれの商品特徴にあわせて原料の風味が生きる「常圧蒸溜」、飲みやすいソフトな仕上がりの「減圧蒸溜」と、蒸溜法を使い分けるのも、さつま司蒸溜蔵のこだわり。タンクの窓から、蒸溜したての原酒がキラキラ光って見えます。
POINT
蒸溜法の違いによる、異なるタイプの原酒を調和させることで芋由来の香りをさらに引き出すことができます。
8 熟成する
貯蔵タンクに移して約3カ月、じっくり熟成します。 熟成している間に、徐々にまろやかな風味と味わいになっていきます。米麹をつくり始めて、じつに約4カ月。ついに本格芋焼酎「さつま司」の誕生です。
POINT
「さつま司」は、気温など環境の変化に左右されにくい大型のホーロータンクで熟成・品質管理されています。
STEP5へ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。