*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 
アサヒの焼酎愉しみ方コラム
TOPに戻る
おもてなしの心ですてきなテーブルを。
豆乳鍋であたたまる
色も形もさまざまなに好みの小鉢の演出 食
鍋のとり鉢は、いつもは決まった鍋用の器と思いがちですが、同系色や雰囲気を合わせれば、「色も形もいろいろ」が、かえって素敵なおもてなしになります。湯豆腐のように白が印象的な鍋なら、モノトーンのような器もきれいです。まちまちの器が並んでいると、どれにしようかなんて迷うのもまた楽しいですね。
花 来る春の花を飾る
洋風のテーブルにセンターフラワーを飾るのはよくありますが、和風の卓には、ほんの少しの枝をあしらう奥ゆかしさがあります。2月には、白梅、紅梅、れんぎょうなど、色さまざまな枝が咲き揃うので、5cmほどに切って箸置きに。ほのかに香り、食卓が華やに。これから来る春を粋に演出すれば会話もはずむことでしょう。
思い思いのぐいのみでかのかを味わう 飲
さらに食卓を華やかにするためにも、“かのか”の器もさまざまに。お気に入りのそばちょこや茶碗などを並べて、お客様にすすめてみましょう。お湯割りならばぽってりとした土ものの杯もよし、口に薄く当たる磁器の器もまたよし。器を変えるだけで気分も変わるはずです。
豆乳鍋の愉しみ方・作り方

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。