*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 
アサヒの焼酎愉しみ方コラム
TOPに戻る
初ものとともに味わう、新春の杯へ戻る
材料
 殻付き牡蠣 6〜8個
 ふきのとう 3〜4個
 白味噌 100g
 西京味噌 大さじ1
 酒 50cc
 みりん 大さじ1
 塩 少々
作り方
1 ふきのとうは汚れを取り除き、周りの葉をはずして蕾と分け、塩を加えた熱湯でざっとゆでる。水にさらし、ざるに上げ、水けを絞ってから葉と蕾の両方を刻む。
2 小鍋に、白味噌、西京味噌、酒、みりんを入れ混ぜて弱火にかけ、1のふきのとうを少し残して加える。しゃもじで混ぜながら、全体に照りが出てくるまで、混ぜながら練る。
3 牡蠣は殻をむき、片方の殻に身をのせる。2のふきのとう味噌をのせてグリルで表面をこんがりと焼く。
4 牡蠣の座りがいいように皿に粗塩を少し盛り、松葉などの添え物を散らし、牡蠣を盛り付ける。残したふきのとうを天盛りにする。
たけのこと新巻鮭の照り焼きページへ