*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 
アサヒの焼酎愉しみ方コラム
TOPに戻る
一番札と初もので祝う、新しい年へ戻る
たけのこと新巻鮭の照り焼き
材料
 たけのこ 小3〜4本
 米ぬか ひとにぎり
 赤とうがらし 大1本
 新巻き鮭 3〜4切れ
 米麹 100g
 木の芽 適宜
 [たれ]
  酒、みりん
各大さじ3
作り方
1 麹に60℃に熱した湯を注ぎ、ふたをして30分おき、麹液を作る。その中に新巻き鮭を入れ、そのまま一晩おいて塩抜きをする。
※こうすると塩が抜けるだけでなく、身がふっくらとしてやわらかな味になる。
※塩の強くない鮭はそのまま材料としてお使いください。
2 たけのこは外側1〜2枚をむき、根元をきれいにし、穂先を斜めにカットして上から軽く切り目を入れる。大きな鍋にたっぷりの水を入れ、その中にたけのこを入れる。ぬかと赤とうがらしを加えて、約1時間ゆでる。ゆだったらそのまま冷まし、切り目のところからくるりと皮をむく。
3 小鍋に酒とみりんを入れて煮立たせ、たれを作る。
4 3のたれに1の鮭と適宜に切ったたけのこをくぐらせ、グリル焼き網で焦げ目が付くまで、たれを塗りながら焼く。器に笹を敷き、たけのこと鮭を盛り、木の芽を散らす。
牡蠣とふきのとう味噌焼きページへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。