*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 
アサヒの焼酎愉しみ方コラム
TOPに戻る
そば屋のつまみで玄庵を飲むページへ
そば屋のつまみといえば、だし巻き卵といえるほど代表的な1品。やさしい味と色合いにほっと心が和みます。江戸風は正方形の卵焼き器を使い、しょうゆと砂糖を加えて二つ折りに黒っぽく仕上げます。長方形の卵焼き器で、卵液にだしと塩を入れるだけでふんわりと三つ折りに仕上げるのは関西風。
材料
4個
だし汁 大さじ4
少々
サラダ油 適宜
だし巻き卵
つくり方
其の一 ボウルに卵を割りほぐし、しっかりと白身を切ってだし汁と塩を加えてよく混ぜる。
其のニ 卵焼き器を充分に熱し、油を吸わせたペーパータオルでたっぷり油を敷く。一度卵焼き器の底を濡れ布巾に当ててから弱火にし、1の卵液を4等分して流し入れる。
其の三 表面が乾いてきたら向こう側から手前に3つ折りにして向こう側に寄せ、再度油を塗る。このとき卵を持ち上げながら全面に塗る。
其の四 残りを3等分して再度卵液を流し入れる。このとき焼けた卵焼きの下にもいきわたるように、箸で持ち上げながら全面に流すようにする。同様に焼けたら端から3つ折りに。これをもう2回繰り返して焼く。
コツ 卵全体をきれいに仕上げるには、焦げないようにすること。弱火にしてじっくりと焼きます。箸で返すのが難しいときは、フライ返しなどを使うときれいにできます。
焼き味噌の作り方へ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。