• はい
  • いいえ

ホーム(商品情報) > お酒と食を楽しむ 

焼酎よもやま話

焼酎よもやま話topへ
第五夜 焼酎伝来の謎を紐解く
“焼酎=日本固有のお酒”と思っていらっしゃる方も多いようですが、焼酎をはじめとした蒸溜酒の技法は遠くアラビアから伝わってきたのです(*詳細は、第二夜をご覧下さい)。
では、いつ、どのような形で蒸溜の技法が日本へ伝わって来たのでしょうか? 今宵はその謎についてお話しします。
愛されて500年 庶民のお酒・焼酎への道
日本における焼酎の歴史をみてみますと、室町時代にはすでに愛飲されていたことがいくつかの文献からわかります。
焼酎が文献にはじめて記されたのは、16世紀初頭のこと。天文15年(1545年)、薩摩半島南東にある山川港を訪れたポルトガル人ジョルジュ・アルバレスは、フランシスコ・ザビエルの依頼を受け、薩摩に半年滞在。『日本の諸事に関する報告』という見聞録を記しました。そこには「人々は米からつくる“オラーカ(焼酎)”を飲んでいる」との記述があります。さらにそこには「オラーカを飲んで正体を失った酔っぱらいを一人も見なかった。それは、みんな酔うとすぐ横になって寝てしまうからである」とあります。当時の人々は、酔っ払って醜態をさらすような飲み方をしなかったようですね。見習いたいものです。
ちなみに、薩摩といえば“芋焼酎”ですが、この時代にはまだ芋が日本には伝わっていませんでした。ですので、米焼酎が飲まれていたと考えられます。
また、日本の文献に焼酎がはじめて登場するのは、永禄2年(1559年)。鹿児島県大口市にある郡山八幡神社の屋根裏から発見された一枚の木札に、
「永禄弐年八月十一日 作次郎 鶴田助太郎 其時座主ハ大キナこすでをちやりて 一度も焼酎ヨ下被下候 何共めいわくな事哉」→「座主はとてもケチで、一度も焼酎を振る舞わなかった。なんとも迷惑な話である」
 
といった内容が記されていました。建築工事を終えた大工たちが、期待した振る舞い酒がなかったので、このようないたずらをしたのでしょう。この時代には、すでに焼酎が庶民のお酒として浸透してたことがわかります。
タイ経由、それとも朝鮮経由?意見わかれる焼酎伝来の謎
では、焼酎はどのようにして日本へ伝わって来たのでしょうか?その伝来ルートについては諸説ありますが、ここでは有力視されているふたつのルートをご紹介します。
1 シャム(タイ)→琉球(沖縄)→薩摩(鹿児島)という南方ルート
アラビアから始まった蒸溜酒は、14世紀にはシャムのアユタヤ王朝に伝わっており、これが当時交易のあった琉球に伝わり、泡盛となりました。そして、15世紀半ばには泡盛は琉球全土に広がり、16世紀になると親交のあった薩摩藩に渡ったというのが、南方ルート。
泡盛は現在でもタイ米からつくられていますので、このルートの信憑性が高いといわれています。が、しかし。泡盛はタイ米と黒麹菌でつくられるのですが、黒麹菌が日本へ伝わるのは明治時代になってから。そこのことから、この南方ルートを疑問視する意見もあります。
2 中国→朝鮮半島→壱岐(長崎)の北方ルート
アラビアの蒸溜技術が中国に渡ったのは、13〜14世紀。その技法を用いて、コーリャンや麦などを原料とする白酒(パイチュウ)が生まれました。15世紀になり、その技術が朝鮮半島に渡って高麗酒になります。当時、日本は中国や朝鮮と交易していたので、当然これらの酒は伝わってきたはずで、日本と大陸との中継地点である対馬・壱岐にいち早く上陸していたと考えられます。壱岐は玄界灘に浮かぶ島ですが、麦も米も豊富にとれるため、米麦焼酎が作られています。これが北九州に伝わり、日本酒作りに使われる黄麹菌が用いられるようになり、米と黄麹菌で作られる焼酎技術が南下していったといわれているのです。

焼酎伝来については、はっきりとした文献が残っていないため、多くの説や謎があります。そんなロマンティックな歴史に思いを馳せつつ、今宵は焼酎を楽しんでみませんか。焼酎がよりいっそうおいしく、愛しく感じるはず。
焼酎よもやま話 │第一夜第二夜第三夜第四夜第五夜第六夜第七夜第八夜第九夜第十夜

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。