*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

焼酎よもやま話

焼酎よもやま話topへ
第二夜 焼酎を含む蒸溜酒発祥の起源を辿る
今や老若男女に愛されているお酒・焼酎ですが、いつ、どんなところで生まれたのでしょうか?焼酎好きならぜひ知っておきたいのが、焼酎のルーツ。その話に触れる前に、まずはお酒の種類について復習しておきたいと思います。
ご存知の通り、お酒は製造方法の違いから醸造酒、蒸溜酒、混成酒に大別されています。お米から造られる日本酒、麦から造られるビール、葡萄などの果実から造られるワイン、などが醸造酒です。蒸溜酒とは、醸造酒を蒸溜させて取り出したお酒のこと。混成酒は、醸造酒や蒸溜酒に甘味料や香料を加えたもので、リキュールと呼ばれています。
焼酎は上記のカテゴリーにおいて、蒸溜酒の仲間に入ります。そこで、焼酎の歴史を知るにはまずは蒸溜酒の歴史から。早速その歴史を辿ってみましょう。
メソポタミアからギリシアへ 世界へ広がる蒸溜の技術
世界4大文明のひとつであるメソポタミア文明。その遺跡からは、液体を蒸溜したと思われる土器が発掘されています。ですので、紀元前3000年には蒸溜の原型となる技術がすでに発明されていたといえるでしょう。が、しかし。当時の蒸溜技術は酒造りのためではなく、花やハーブから香料の精油を取り出すものとして使われたようです。
蒸溜技術が文献としてはじめて記されたのは、紀元前4世紀。古代ギリシアの哲学者として知られるアリストテレスによってでした。
「海水を蒸溜して飲用に変えることができる。葡萄酒なども同じ方法で蒸溜することができる」といった記述があり、アリストテレスが実際にワインからブランデーを造り出す実験に成功していた事がわかります。
しかし、蒸溜の技術が確定しても、蒸溜酒を飲むという習慣はこの時にはまだありませんでした。
錬金術が生み出した“命の水”
蒸溜酒は、アラビア語で「アクア・ヴィテ=命の水」と呼ばれています。そのことからもわかるように、中世のアラビアの錬金術師たちが蒸溜器を使って取り出した蒸溜酒は、消毒や気付け薬などの薬品として珍重されていました。
その後錬金術の技法が世界中に伝わると、蒸溜酒はフランスでは「オー・ド・ヴィ」、北欧では「アクアビット」(ともに“命の水”の意)、イギリスでは「スピリット=精神」と呼ばれ、飲み物としてではなく、薬として愛用されました。
ちなみに、アラビア語で蒸溜器のことを「アランビック」といいます。「アラク」とは「汗」の意味で、蒸溜器からぽたぽたとしたたり落ちる蒸溜酒を“汗”に見立てた言葉からできたようです。フランスでは現在でも、ブランデーの単式蒸溜器のことを「アランビック」と呼んでいますし、江戸時代の日本でも焼酎の蒸溜器を「らんびき」と呼んでいました。また、日本や中国では焼酎の古い呼び名としてアラビア語の音をあてた「荒木酒」「亜喇吉酒」(ともに、「あらきしゅ」と読む)が使われており、焼酎の製法が遠くアラビアから伝わってきたことがうかがえます。
焼酎よもやま話 │第一夜第二夜第三夜第四夜第五夜第六夜第七夜第八夜第九夜第十夜

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。