ズバうま!おつまみレシピ

お酒に合う「ズバリうまい!」おつまみレシピをご紹介。

イチゴのショートケーキ

Myレシピ帳へ登録する

274

おいしそう!

0

人気のイチゴのショートケーキをお家でどうぞ。クリームとフルーツを変えてアレンジしてみるのもおすすめです。

イチゴのショートケーキ
  • 難易度
    難しい
  • 調理時間
  • カロリー
    262Kcal
  • 糖質
    25.6g
  • 手づくりのショートケーキは、思いっきりデコレーションを楽しみましょう。お好みのケーキに仕上げたら、スパークリングワインや白ワインで乾杯したいですね♪

  • 合うお酒

作り方

湯せん用のお湯をボウルが入る大きさの鍋に沸かす。丸型(直径12cm)の底と側面にオーブンシートを敷く。オーブンを150℃に予熱しておく。

[スポンジをつくる]ボウルに卵を溶きほぐし、グラニュー糖を加えてハンドミキサーでざっと混ぜたら、ボウルごと沸騰したお湯に当てて絶えず混ぜながら、人肌くらいまで湯せんで温める。

2を湯せんからはずし(代わりに、別のボウルに無塩バターを入れ、湯せんしておく)、さらにハンドミキサーで泡立てる。★ハンドミキサーを持ち上げると生地がリボン状に落ち、少しつもってから消えるくらいが目安。

薄力粉を少しふるい入れ、ゴムベラで混ぜる。これを数回繰り返し、全て入れたら粉気がなくなるまでよく混ぜる。

湯せんしておいた無塩バターを熱い状態でゴムベラに当てながら流し入れ、ざっくりと混ぜる。

丸型に流し、150 ℃のオーブン(2段の場合は下段)で30分焼く。焼き上がったら型からはずして底を上にして網の上で冷ます。★お使いのオーブンの機種によって調理時間は異なります。

[シロップをつくる]小鍋に砂糖と水を入れて火にかけ、沸騰して砂糖がすべて溶けたら火を止めて冷ましておく。

スポンジ生地が冷めたら、約1cmの厚さで4枚に切る。

生クリームとグラニュー糖をボウルに入れ、氷水に当て7分立てにする。

スポンジの底になる生地の上面にシロップをぬり、生クリームをぬる。5mmの厚さに切ったイチゴを隙間なく並べたら、生クリームをぬる。

10の作業を繰り返して、スポンジを重ね、一番上のスポンジ生地をのせたら、全体にシロップをぬる。

上面と側面に下地の生クリームをぬり、10分ほど冷蔵庫で冷やす。

全体に仕上げの残りの生クリームをぬる。絞り口金で飾りの生クリームを絞り、飾り用のイチゴをのせる。

[生クリームをチョコレートクリームに替える場合]ボウルにチョコレート(100g)を入れ、60℃くらいの湯せんに当てて溶かす。★湯せんの温度が高すぎるとチョコレートの水分が蒸発してポロポロになってしまうので注意すること。

生クリーム(200ml)は氷水に当てて、5分立てにする。生クリーム(100ml)の半量を、湯せんしたままのチョコレートに加えてゴムベラでよく混ぜ合わせたら、生クリームのボウルに戻し、よく混ぜ合わせる。チョコレートを混ぜることにより生クリームが固くなるなるため、生クリームは5分立て程度のゆるい状態が良い。★イチゴをラズベリーに代えるのもおすすめ。

  • 材料

    12cm丸型 2台(8人分)

  • イチゴ
    1パック
  • 【スポンジ生地】
  • ・卵
    3個分
  • ・グラニュー糖
    75g
  • ・薄力粉
    70g
  • ・無塩バター
    20g
  • 【シロップ】
  • ・上白糖
    30g
  • ・水
    60ml
  • 【生クリーム】
  • ・生クリーム
    200ml
  • ・グラニュー糖
    20g
  • ・★乳脂肪分35%と45〜47%のものを半量ずつ混ぜ合わせて使用すると、塗りやすくきれいに仕上がる。
このレシピを携帯で見る

右の二次元コードをスマートフォンで
読み取ってください。

レシピを探す

その他のおすすめレシピ

人気ランキング

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。