特集 MONTHLY SPECIAL ISSUE
  • 前号へ
  • 次号へ
  • 最新号はこちら

愛称は“SoCo(ソコ)”! ニュー・オーリンズ発祥のリキュール、サザン カンフォートの楽しみ方。 SOUTHERN COMFORT, New Orleans Original. 1874年生まれのフルーツフレーバーリキュール、サザン カンフォート。意外に知られていないその歴史とともに、人気店ではどんな風に楽しまれているのかをご紹介します。

世紀を超えて世界中で愛されるサザン カンフォートは、いつ、どこで、どのようにして誕生したのでしょうか!? そして、いかにして世界中で愛されるようになったのか!?

ルイジアナ州 The State of LOUISIANA  ニュー・オーリンズ New Orleans

●南部の象徴的存在として。

アメリカンカクテル発祥の地とされる、アメリカ南部の街ニュー・オーリンズ。1874年、この街の「マコーレイズ・サルーン」というバーで、革新的なフルーツフレーバーリキュールが誕生しました。ご存じ、サザン カンフォートです。

生みの親はバーテンダーのマーチン・ウィルクス・ヘロン(M.W.ヘロン)。彼は品質の一定しないウイスキーにさまざまな薬草やフルーツ、スパイスを漬け込み、飲みやすく風味豊かなリキュールを完成させました。

当時「カフス&ボタン」という名前で売り出された魅惑のリキュールは、ニュー・オーリンズっ子たちの間で瞬く間に評判となりました。1885年、M.W.ヘロンは「カフス&ボタン」という名前を“南部の偉大なるオールド・ドリンク”という意味を込めて「サザン カンフォート」に改名しました。サザン カンフォートとは、直訳すると「南部の安らぎ」や「南部の癒し」という意味です。

ラベル

さらに1898年にはいち早く商標登録を行いました。ラベルにはこんな言葉が印刷されています。“None Genuine But Mine”、わかりやすい日本語にするなら「オレのレシピだけが本物だ。」といった意味合いでしょうか。これは、サザン カンフォートの自信の表れでした。ちなみに現在のボトルのボトムラベルにも、この言葉が刻まれています。

●ニュー・オーリンズから世界へ。

その後、1900年にはパリ万国博覧会で金賞を受賞、1904年にはセントルイス万国博覧会でも金賞を受賞し、世界的にも認められるリキュールとなりました。

1920年の禁酒法施行により(偶然にもM.W.ヘロンはこの年に死去)、サザン カンフォートは一時生産中止を余儀なくされますが、1934年には再開を果たしました。そして1939年には名画『風と共に去りぬ』の封切りに合わせて、ヒロインをイメージしたカクテル「スカーレット・オハラ」を生み出し、一躍有名に!!

誕生から130年以上を経た今も、サザン カンフォートは“SoCo”の愛称で、世界中で愛されています。バーで、クラブで、ダイニングで、その人気は衰えることを知りません。

※商品のデザインは撮影当時のものです

SCARLETT O’HARA スカーレット・オハラ

SCARLETT O’HARA スカーレット・オハラ

recipe  サザン カンフォート 30ml クランベリージュース 20ml レモンジュース 10ml 全ての材料を混ぜ、シェイク。カクテルグラスに注ぐ。

サザン カンフォートブランドサイトはこちら

Page 1 Page 2
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。