特集 MONTHLY SPECIAL ISSUE
  • 前号へ
  • 次号へ
  • 最新号はこちら

ジャック ダニエル、アーリータイムズ。100年以上愛され続けるアメリカンウイスキーをここに。 Legends of American Whiskey, JACK DANIEL’S, and EARLY TIMES.

ジャック ダニエルとアーリータイムズ。 ともに100年以上の歴史があるアメリカンウイスキーをご紹介します。 さらには、日本のショコラティエの第一人者である土屋公二氏に、 それぞれのラインアップに合うチョコレートを選んでもらいました。

テネシーウイスキーの代名詞、ジャックダニエル。 100年以上変わらない伝統の製法とその味わい。 ジャックダニエルが世界中で愛される理由をご紹介します。

ジャック ダニエルは米国テネシー州リンチバーグにあるウイスキー蒸溜所

ジャック ダニエルは米国テネシー州リンチバーグにあるウイスキー蒸溜所です。ご存知かもしれませんが、その名前は創業者であるジャスパー・ニュートン“ジャック”ダニエル氏に由来しています。

ジャック少年は7歳の時に、家族の知り合いであるルーテル派の牧師ダン・コール氏に預けられます。コール牧師はリンチバーグ郊外にウイスキー蒸溜所を所有していたため、ジャック少年はウイスキーづくりのすべてをここで学ぶことになります。そしてわずか13歳の時に、教会に身を捧げることを決めたコール牧師から、蒸溜所を譲り受けたのです。

ジャック・ダニエル氏は、時間のかかるチャコール・メローイング製法での濾過にこだわり続けました。伝統の製法とその味わいは、今も変わることなくジャック ダニエルのウイスキーづくりに受け継がれ、100年以上変わることなく、世界で愛され続けています。

ジャック ダニエルをジャック ダニエル足らしめている要素のひとつに、前述したチャコール・メローイング製法が挙げられます。これはサトウカエデの木炭でウイスキーをろ過する伝統製法です。

チャコール・メローイング製法

まず固いサトウカエデをリック(薪の山)になるように積み、一気に燃やして木炭を作ります。この木炭を約3mもの高さに積み重ねた巨大な濾過槽で、蒸溜したウイスキーを一滴一滴ろ過します。こうすることで、ジャック ダニエル独自のなめらかな味わいが生まれるのです。

7世代を経た今でも、このチャコール・メローイング製法は、ジャック・ダニエル氏が当時行っていたのと同じやり方で行われています。当然コストもかかります。しかし、ジャック ダニエルがジャック ダニエルであるために、100年を超える伝統製法は今も厳格に守られ続けています。

その他、鉄分を一切含まないケーヴ・スプリングの湧水、樽職人が一つひとつ手づくりするホワイトオーク樽での熟成、マスターディスティラーの「経験」を頼りにした選別法……。すべてが当時のままの製法で行われています。

「それは、スコッチでもバーボンでもない。   IT’S JACK」

こう言われるのは、ジャック ダニエルが唯一無二の製法で、100年以上変わることなく、その味わいを守り続けてきたからなのです。

ジャスパー・ニュートン “ジャック”ダニエル氏

ジャスパー・ニュートン
“ジャック”ダニエル氏

サトウカエデを燃やし木炭を作る (リック・ヤード)

サトウカエデを燃やし木炭を作る
(リック・ヤード)

7代目マスター・ディスティラー (蒸溜責任者)

7代目マスター・ディスティラー
(蒸溜責任者)

ジャック ダニエルブランドサイトはこちら

Page 1 Page 2 Page 3
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。