特集 MONTHLY SPECIAL ISSUE
前号へ 次号へ 最新号はこちら

あの「イル・ド・レ」をソーダアップで ! 夏を制する、フレンチハイボール。 French Highball in Summertime

そもそもハイボールとは、スピリッツをソフトドリンクで割ったものを指す。「ウイスキー×ソーダ」だけがハイボールではないのだ。例えば、アイランズコニャックの「イル・ド・レ」をソーダ割りで……。今回はいつものハイボールとは一味違う、フレンチシックなハイボールをご紹介。

「イル・ド・レ」を使ったフレンチハイボールとは? 東京・六本木「SERENDIPITY BAR」の吉田敬之氏に、フレンチハイボールとその可能性について話を伺った。

「SERENDIPITY BAR」の吉田敬之氏

フランス西部コニャック地方のさらに西、大西洋に浮かぶ島、イル・ド・レ。その名の通り、この島でつくられるコニャックが「イル・ド・レ」である。島育ちのコニャックゆえに、いわゆる普通のコニャックとは一線を画している。高貴でフルーティーなコニャックらしさを湛えながらも、海からの塩っぽさや爽やかなヨード香も感じさせるのが特長。どことなく「島モノ」のモルトウイスキーに通じるところがある。だからこそ、ハイボールスタイルにしてもおいしいのだろう。「SERENDIPITY BAR」の吉田氏はこう話す。

「ウイスキーにせよ、コニャックにせよ、なにかで割るのは邪道という方もいらっしゃると思うのですが、個人的にハイボールはおいしいと思います。例えば、この『イル・ド・レ』。コニャックなのにアイランズモルトのような際立った個性があって面白いですよね。これをハイボールスタイルにすると、ストレートでは感じられなかったまた違った表情が浮かび上がってきます。かすかなスモーキーさや樽のニュアンス、ぶどうの果実味、ハニーっぽさ、スパイシーフレイバー、もちろん海を思わせる塩のフィーリングも……。普段『イル・ド・レ』をストレートでお楽しみの方にこそ、ハイボールスタイルでその内に秘めた多様性を感じていただきたいですね」

「ここ数年のハイボールブームのおかげで、いわゆるブラウンリカーへの敷居が低くなってきたと思います。今こそ、コニャックもハイボールスタイルにすることで、新しいアプローチへと繋がっていくのではないでしょうか。ハイボールといってもソーダ割りに限定することなく、トニックウォーターやジンジャーエールで割ってもいいと思います。ハイボールスタイルでコニャックを気に入っていただけたなら、サイドカーなどのコニャックカクテルも勧めやすくなりますしね。そんな風に、お客様のお酒に対する世界を広げてあげるのも、バーテンダーの大事な仕事のひとつだと思います」

吉田敬之氏

「それからこの『イル・ド・レ』に限っていえば、マルガリータのベースとしても面白いですね。『イル・ド・レ』の塩気がマルガリータの塩ときれいにリンクします。普通のコニャックではこうはいきませんので、『イル・ド・レ』ならではの上級者の楽しみ方といえるでしょう」

「これから暑くなると、コニャックをストレートで飲むには少しヘヴィーな季節です。そんな時にフレンチハイボールをお勧めすれば、素敵なアプローチになるかと思います。なにより普通のハイボールよりオシャレな感じがしますしね」

「イル・ド・レ」を使ったフレンチハイボール

MONTHLY SPECIAL ISSUE 1

フレンチハイボール

フレンチハイボール

recipe

@ 氷を入れたタンブラーに
「イル・ド・レ ファインアイランド」
30mlを注ぐ。
A ウィルキンソン炭酸90mlを注ぎ、
軽くステア。
B オレンジピールで香りをつけ、
フィニッシュ。

オーナーバーテンダー  吉田敬之氏

吉田敬之  Takayuki Yoshida

「SERENDIPITY BAR」オーナーバーテンダー。

SERENDIPITY BAR

SERENDIPITY BAR

東京都港区六本木4-1-12 六本木ディオーネビル B1F
03-6277-7151
7pm - 2am (L.O. 1:30am)
Sun & Holiday Close
Page 1 Page 2
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。