特集 MONTHLY SPECIAL ISSUE
前号へ 次号へ 最新号はこちら

ボルスの本社でありミュージアム。House of Bols 潜入レポート! 創業1575年という世界最古のリキュールブランド、ボルス。オランダ・アムステルダムにある本社ビル、House of Bolsは、本社であり、ミュージアムであり、教育施設でもある。その全貌やいかに!

アムステルダムの中心、ファン・ゴッホ美術館の目の前。オランダ特有の切妻屋根のビルディングが、House of Bolsだ。その全貌を探るべく、いざHouse of Bolsに潜入!

House of Bols
MONTHLY SPECIAL ISSUE 1
● そもそもボルスとは?

House of Bolsの扉を開く前に、簡単にボルスの歴史をおさらいしておこう。ボルスの創業は1575年。オランダの首都アムステルダムでリキュール蒸溜所として産声をあげた。ボルスはオランダ最古の企業のひとつであり、世界最古の蒸溜酒製造メーカーなのだ。

リキュールブランドとしてはもちろん、本国オランダではジュネーヴァ(ジンの起源となった蒸溜酒)ブランドとしても知られるところ。そんなボルスが、2007年春にオープンさせたのが、「House of Bols Cocktail & Genever Experience」というわけだ。

同ビルディング内には、まずボルスの本社機能がある。それから1階と2階が、ボルスの世界観を体感するミュージアム施設となる。さらに3階が、プロフェッショナルのためのバースクール「Bols Bartending Academy」となる。「Bols Bartending Academiy」の詳細については次回改めてお届けするとして、今回はミュージアム施設に潜入してみたい。

2階のレセプションで受付を済ませたら、地下室を想わせるグランドフロアへ。ゲストを出迎えるのは「SEE HEAR TOUCH SMELL TASTE ENJOY」と描かれた黒いサインボード。「見て、聴いて、触って、匂いを嗅いで、味わう。そしてエンジョイする」というのが、このミュージアムのコンセプトだ。

ボルスの世界観を体感するプロローグとして、まずはお勉強のコーナー。貴重な資料とともに、ボルスの歴史やリキュールのつくり方などを学んでいく。ボルスの女性スタッフが「これがルーカス・ボルス手書きのレシピよ」とか「こっちがレンブラント作のボルスの絵なの」とか「これは初期型のボトルね」などと説明してくれる。他では決してお目にかかることのできないレアなアイテムが目白押し。オランダ名物、デルフト焼によるボルスのボトル・コレクションも見逃せない。

ジュネーヴァ(日本未発売)と、そのオリジナルのレシピ。

ジュネーヴァ(日本未発売)と、その
オリジナルのレシピ。

「SEE HEAR TOUCH SMELL TASTE ENJOY」と描かれた黒いサインボード
ボルスの貴重な資料
Page 1 Page 2
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。