*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 
特集 MONTHLY SPECIAL ISSUE
最新号はこちら

パリのSpeakeasyでは、密かにニッカが流行中! Curio Parlor in Paris

日本のウイスキーを多く扱っている、バー「キュリオ・パーラー」。 現地パリでの、ジャパニーズウイスキー人気は本当なのか? そして、パリジャン&パリジェンヌの反応は?

ニッカのテイスティングセミナー
MONTHLY SPECIAL ISSUE 2
●なぜパリでニッカ?

それにしてもなぜ、日本のウイスキーなのだろうか。


「フランス人にとって日本は、高いクオリティ、完成された仕事、高感度なデザインといった、非常に優れたイメージのある国です。と同時に、フランス人は日本でウイスキーが製造されているなんて、まったく想像もしていません。ですから、新しいものに敏感な世代やウイスキー通にニッカをお勧めすると、まず意外性で興味を持ってもらえます。それもポジティブな反応です。さらに実際に味わってもらうことで、こちらが説明せずとも、必ず魅力が理解されるというわけです」


取材当日はちょうど、ニッカのテイスティングセミナーが開催されていた。これは月1回恒例のイベントで、ニッカベースのカクテル1種類と、ストレートウイスキー1種類の、計2種類が振舞われる。参加費用は12ユーロ(約1,500円)。この信じられないほど良心的な価格設定は、多くの人にニッカを知ってもらいたい、というオーナーの心意気の賜物といえる。定員は約40名。この日も満員御免の賑わいぶりであった。


最初にサーブされたカクテルは、「宮城峡」をベースに、フレッシュベルガモットや卵白などを加えてシェイクしたもの。口に含むと、期待を裏切らないフルーツの心地よい酸味に続き、「宮城峡」のフローラルな甘さやシェリー樽のほのかな風味が立ち上がってくる。ベルガモットの自然な甘さとあいまって、ウイスキービギナーの女性でも納得の飲みやすさに仕上がっている。2杯目は日本から特別に届いた限定品。専用のテイスティンググラスに注がれ、めいめいにサーブされると……、「やわらかく、奥深い!」「すばらしい完成度」「ウイスキー初心者の私にも楽しみやすい」などなど、参加者はみなご満悦の様子。


「飲めば誰もが、必ずその魅力を理解する」。オーナー氏の言葉には、確かな裏づけがあったのだ。

宮城峡
ニッカベースのカクテル
■お店情報 CURIO PARLOR

16 rue des Bernardins, 75005 Paris

+33(0)1 44 07 12 47

www.curioparlor.com

NIKKA WHISKY 「ニッカウイスキー」について詳しくはこちら
Page 1 Page 2
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。