*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 
MONTHLY SPECIAL ISSUE
最新号はこちら
世界のバーへの招待 【ロンドン編】 What is the new trend in LONDON?
ロンドンで流行の兆しを見せているというテキーラカクテル。 では具体的に、今までのテキーラカクテルと何が違うのだろうか? 引き続き、サラ・ミッチェルさんに話を訊いた。
リム
MONTHLY SPECIAL ISSUE 2

 サラさんは、テキーラカクテルの可能性のひとつとして、「リム」の存在を挙げてくれた。リムとは「縁」の意味で、グラスの縁に塩や砂糖をつけるデコレーション・テクニックのことだ。日本ではスノースタイルと呼ばれ、マルガリータやソルティドッグなどに使用されている。例えばロンドンでは、マルガリータのリムに普通の塩を使用するのではなく、エセックス州マルドン産の海塩を使うのがポピュラーだとか。バーによっては、チリソルトやスモークソルトなどのオリジナルソルト、塩以外にハーブやスパイスを使ったりもするという。
 また「LAB」では、他のバーとの差別化を図るために、自家製のフレイバーテキーラを揃えている。オンメニューにあるのは「カフィアライムの葉」を漬け込んだものと、「レモングラスとチリ(唐辛子)」を漬け込んだものの2種類で、現在も新しいフレイバーを試行錯誤しているとのことだ。
「フレイバーのベースとなるテキーラは、テキーラ独特の風味を残しつつ味わいがブレないことがポイントね。だからウチではホセ・クエルボを使用しているわ」

「カフィアライムの葉」と「レモングラスとチリ(唐辛子)」を漬け込んだもの

 またテキーラカクテルにアクセントを効かせる存在として、さまざまな副材料が使われていることも目についた。例えばテキーラの原料である竜舌蘭からつくられた「アガベリキュール」や「アガベシロップ」、自家製の「ヴァニラシュガーウォーター」や「ハニーウォーター」などなど。さらにロンドンのバーで定番になっているのが、「エルダーフラワーコーディアル」というハーブ飲料。エルダーフラワー(西洋ニワトコ)を生の状態でシロップに漬け込んだ濃縮液で、イギリスでは伝統的な健康飲料として親しまれている。いずれにせよテキーラカクテルには、ロンドンの「今」を刺激する未知なる可能性がたっぷりと残されているようだ。  日本でテキーラカクテルというと、マルガリータかテキーラサンライズくらいなもの。今後ロンドンのブームが飛び火して、日本にもテキーラカクテルブームが来るかもしれない。

LAB
■LAB

12 Old Compton Street, London W1D 4TQ
TEL +44-(0)20-7437-7820
www.lab-townhouse.com

Page 1 Page 2 Page 3
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。