MONTHLY SPECIAL ISSUE
前号へ 次号へ 最新号はこちら
世界のバーへの招待 【ロンドン編】 ロンドンの最新トレンドを追って、 ソーホーの名物バーへ。
What is the new trend in LONDON? 世界のバーシーンを牽引する街、ロンドン。今、ロンドンのバーでは何が流行っているのか? ソーホー地区を代表する有名バーを訪れ、最新ドリンク事情に追った。
ロンドン随一の繁華街に構える、業界人御用達のバー「LAB」。ジェネラル・マネージャーのサラ・ミッチェルさんに、ずばり「今、ロンドンで何が流行っているのか」を訊いてみた。
業界人御用達のバー「LAB」
MONTHLY SPECIAL ISSUE 1
●ロンドン・バーシーンの流行発信基地

 今回訪れたのは、ロンドンの飲食業界で知らない人はいないという有名バー「LAB(ラボ)」。多くのツーリストで賑わう、ロンドン随一の繁華街ソーホーのド真ん中に構えている。といっても、店内にツーリストの姿は見当たらない。聞けば、ゲストの多くはローカルのカクテル愛好家か、飲食業界関係者で占められているという。
 店名の「LAB」は「London Academy of Bartender」の略で、もともとはバーテンダーの育成スクールとしてスタートした。そこから派生するカタチで、若手バーテンダーの実践力を養うためのバーとしてオープンし、現在ではロンドンのバーシーンを牽引する名物バーとなっている。それゆえ、LABにはカクテル通や業界関係者が多く集まってくる。そして最新の情報を交換したり、カクテルの新しいネタを探したりしているのだ。
 また「LAB」には「Laboratory=実験室」という意味もある。その名の通り、常にカクテルに関する新しい実験が行われ、ロンドンの、いや世界のバーシーンの流行を引っぱってきた。オンメニューのカクテルだけで約120種。もちろんスタンダードなものもあるが、ほとんどが「LAB」オリジナルのクリエイティブ・カクテルだ。
 そんなLABを取り仕切るのが、ジェネラル・マネージャーのサラ・ミッチェルさん。さっそく彼女にロンドンの最新ドリンク事情を訊いてみた。
「そうね。最近はテキーラカクテルがキテるわね。ここロンドンでは、ジンやウオッカベースのカクテルはほぼ出尽くしてしまった感があるの。その点、テキーラはポピュラーな割に、まだ可能性がたっぷりと残されている。クリエイティヴっていう意味だったら、今はやっぱりテキーラが面白いと思うわ」

サラ・ミッチェルさん
Page 1 Page 2 Page 3
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。