*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 
MONTHLY SPECIAL ISSUE
最新号はこちら
MONTHLY SPECIAL ISSUE
バーテンダー vs ビジネスコンサルタント 
「カクテルにレシピがあるように、接客やサービスにもレシピがある」2
「話す」ことは、「放す」こと。
石垣氏コミュニケーションテクニックで印象に残るのは、ボディアクション。相づちをとる姿勢も明確で、接客を受けると、当然会話もはずむ。このあたりも、参考にしたい。
石垣氏コミュニケーションテクニックで印象に残るのは、ボディアクション。相づちをとる姿勢も明確で、接客を受けると、当然会話もはずむ。このあたりも、参考にしたい。
石垣:菅谷さんの著作でもうひとつ気になったのが、「人は、話すことによって癒される」ということです。

菅谷:これはカール・ロジャースという心理学者が言った有名な言葉です。「話す」ことは、問題を「放す」ことでもあるのです。心理カウンセラーは、徹底的にクライアントの話を聞きますよね。話の内容はともかく、話を聞くだけで、問題が解決されることが多いからです。

石垣:確かにトップバーテンダーには、聞き上手の方が多いような気がします。

菅谷:下手に話に突っ込んだり、無理に分かったフリをする必要はありません。それよりも、いかにお客さまに楽しく胸の内を話してもらうか、これが重要ですね。

石垣:では、聞き上手になるには、どうしたらいいのでしょう。

菅谷:アマチュアのコミュニケーションとしては、話を理解すればOKです。でもプロのコミュニケーションとしては、話を理解したことを相手に伝えなくてはなりません。例えば、うなずきであったり、相づちであったり、リフレクティング(オウム返し)であったり……。まずは「自分が聞いているんですよ」という意思表示をすること。それを意識してコニュニケーションしていくことが、聞き上手への近道なのではないでしょうか。

石垣:恐らくほとんどのバーテンダーは、接客やサービスを自らの経験から身につけてきたと思うんです。私と同じように失敗と実践を繰り返しながら、とにかく自分なりのやり方を築き上げてきた。菅谷さんの著作を読むと、そういう普段の接客で何気なくしている動作や所作に、これだけきちんとロジックがあったんだ、ということを改めて思い知らされます。このNLP理論を通して、もう一度「意識して」接客をしてみることが、さらなるスキルアップに繋がるのかもしれませんね。
Page 1 Page 2 Page 3
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。