MONTHLY SPECIAL ISSUE
次号へ 最新号はこちら
バーをさらに魅力的な空間にするための、バーテンダーとその道のプロによる対談企画。今回はトップバーテンダーとして活躍する「BAR石の華」の石垣忍氏と、営業・接客を専門とするビジネスコンサルタントの菅谷新吾氏をお招きした。
■バーテンダー
石垣忍 Shinobu Ishigaki
■バーテンダー
石垣忍 Shinobu Ishigaki
NBA関東地区本部で技術研究副部長を務める。2002年度全国バーテンダー技能競技大会優勝。カクテル講習会の講師や缶カクテルのプロデュースなども行う。渋谷にある「BAR 石の華」のオーナーバーテンダー。
MONTHLY SPECIAL ISSUE
全2回 対談企画
バーテンダー vs ビジネスコンサルタント 
「カクテルにレシピがあるように、接客やサービスにもレシピがある」
去る某日、NLP理論の第一人者である菅谷新吾氏が、石垣忍氏がオーナーバーテンダーを務める「BAR 石の華」を訪れた。NLP理論とは何なのか? そして2人の対談により明らかになるバーテンディングに役立つNLP理論とは?
第1回
■ビジネスコンサルタント
菅谷新吾 Shingo Sugaya
■ビジネスコンサルタント
菅谷新吾 Shingo Sugaya
シーズ・コンサルティング株式会社取締役社長。米国NLP協会公認神経言語プログラミング マスタープラクティショナー。共著で『「あなたから買いたい」と言わせる営業心理学』(明日香出版社)、『ミステリーショッパーのひとりごと』(日刊自動車新聞)がある。
最新の心理学 NLP理論とは?
石垣:今回対談させていただくにあたって、菅谷さんの著書『「あなたから買いたい」と言わせる営業心理学』を読ませていただきました。そのなかでキーワードとなっているのが、NLPという理論です。そもそもNLPとはどういうものなのでしょうか?

菅谷:NLP(Neuro Linguistic Programming)は、最新の心理学の一種で、神経言語プログラミングと訳されています。プログラミングというとコンピューターの話のように聞こえますが、実は我々人間も知らず知らずにプログラミングされているんです。例えば同じ一杯のお酒でも、「もうこれだけしかない」と感じる人と、「まだこんなにある」と感じる人がいる。こういう考え方のクセは、すべて後天的にプログラミングされたものです。この「考え方のクセ=プログラミング」を体系化して、営業や接客などのコミュニケーションにも役立てようというのがNLPです。

石垣:なんだか難しそうですね。

菅谷:そんなことないですよ。今、石垣さんが相づちを打ってくれましたが、これもプログラミングの一種です。石垣さんが「聞いていますよ」というサインを送ってくれたおかげで、我々のコミュニケーションが成立したわけです。
 NLPというと確かに難しそうですが、コミュニケーションが上手な人のやり方を体系化したのがNLPです。したがって、営業や接客で優秀な人=自然に身に付いている対応なのです。
Page 1 Page 2 Page 3
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。