*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

LINEUPラインアップ

Maraschino

マラスキーノ
ボルス マラスキーノは、新鮮なチェリーのパワフルなフレーバーに、アーモンドとバラの花びらのようなほのかな味わいがアクセントになっています。「マラスキーノ」という名称は、ダルマチア地方(現在のクロアチアの一部)産のマラスカ種というチェリーに由来します。「マラスキーノ」は古くから存在しているクラシックなリキュールのひとつで、1862年にバーテンダーのジェリー・トーマスが著した『バーテンダーズ・ガイド(The Bartender’s Guide)』をはじめ、現在までに刊行された著名なカクテル関連のどの書籍にも登場します。ジェリー・トーマスによると、かつては「マンハッタン」から「ウイスキー・コブラー」まで、多くのカクテルにマラスキーノが加えられていたとのことです。「ダイキリ」にマラスキーノを1ダッシュ加えるとパーフェクトになるとされていますが、これはキューバのレストラン&バー『ラ・フロリディータ』の伝説的なバーテンダー、コンスタンティノ・リバライグア(Constantino Ribalaigua)も認めています。コンスタンティノ・リバライグアは「ダイキリ」のエキスパートで、その生涯で100万杯以上もの「ダイキリ」をつくったと言われている人物です。マラスキーノは1800年代の後半には「プースカフェ」の材料として頻繁に使われたこともあります。現在も多くのバーテンダーからお気に入りのリキュールとして重宝されています。
容量
700ml
アルコール
24%
種類
果実系

特徴テイスティングノート

味わい
しっかりとしたチェリーフレーバー。アーモンドとバラの花びらを思わせる味わいもほのかに感じられる。
香り
強くてスパイシーな芳香。
無色透明。
歴史
ストレートやオン・ザ・ロックのほか、カクテルの材料にも最適。デザートに味のアクセントをつけたいときにも◎。
マスターディスティラーからのコメント
ボルス マラスキーノが誕生したのは1830年ごろのこと。チェリーを丸ごと蒸溜することで、典型的な「マラスキーノ」の味わいを実現しました。19世紀には、ボルスのマラスキーノは2種類ありました。ひとつは「ボルス マレスキーノ」という名で、もうひとつは「ボルス クレーム・ド・スリーズ」という名でしたが、どちらも蒸溜によってつくられた無色透明のチェリーリキュールでした。

おすすめカクテルRecommended Cocktails

Maraschino & Cranberry Juice
Vito Collins
Maraschino Easy Mix

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。