• はい
  • いいえ

ホーム(商品情報) > お酒と食を楽しむ 
ワンダーバートップへ戻る
やあ、愉しんでるかい?福岡編の最後は、
オレの大好きな店を紹介しよう。
昭和33年創業のこの老舗バーには、昔も今も変わらずたくさんの
ファンがいる。この店で修行して巣立っていった名バーテンダーもたくさんいる。
福岡のバー文化を創り出した店と言ってもいいかもしれない。
その店の名は「ニッカバー七島」。福岡の繁華街、中洲のど真ん中にある。初めての人でも、中洲大通りの交番の前と言えば通じるから、オレはよく待ち合わせにも使ってる。でも、次にいかずに、ここでずっと飲んでることが多いんだ。とっても、居心地がいいからね。気取らずくだけず、楽に飲める雰囲気が実にいい。
バーにはめずらしく、通りに面して窓があり、外から中の様子を見ることができる。だから、初めてでも安心して入れる。なにしろ、そこから見えるのは、バーテンダ−の七島最子(もこ)さん、理子(りこ)さん姉妹の極上の笑顔なのだから。そう、彼女たちはマスター、七島啓さんの娘であり、その味の継承者でもある。
彼女たちに、まず、オレが頼んだのは「スカイボール」。昔から常連に愛されてきたカクテルだ。ウォッカ30mlにレモンジュース10mlを混ぜ、トニックウォーターを適量注いで、レモンスライス1枚添える。うん、マスターの味をしっかり受け継いでる。うまい。いや、やさしい笑顔の分、こっちの方がうまいかも。
(失礼、マスターの笑顔も絶品だったけどね)
父の味は、愛娘たちへと受け継がれていく
気分がのってきたので、いつもは仕上げに飲むんだけど、2杯目にマスターのオリジナル「夜桜」を頼んじゃおう。これ、オレのお気に入り。レシピは、ジン30mlに、ホワイトキュラソー15ml、ライムジュース15ml、グレナデンシロップを2ダッシュ。シェイクしてシュガースノースタイルで仕上げる。さっぱりしていてほんのり甘い。この冷たい舌触りがいいんだ。
正統派バーの実力とサービススタイルをもちながら、これほど気楽な雰囲気で飲める店はオレは他に知らない。スタッフのアテンドは決してカジュアルというわけではないのに、少しも構えることなく、素の自分のままリラックスできる。その秘密は、マスターと、スタッフたちが常にもっているもてなしの心にある、とオレは思っている。人を喜ばせることが大好きな人たちが、ここには集まっている。そして、ここには、その想いを伝染させる不思議なパワーがあるに違いない。だって、ここで飲むたびにオレは、とてもやさしい気持ちになって笑顔で店を出る。ここで修行した人たちは、技術だけじゃなくて、人を喜ばせたい病に、しっかりと感染したに違いない、だから、ほら、七島出身者は、魅力的な名バーテンダーばかりでしょ。
 
マスターのオリジナル「夜桜」
七島最子(もこ)さん、理子(りこ)さん姉妹
 
MAXXIUM Liquor World

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

ページTOPへ