*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

Q.ワインを保管する時のポイントは?

ワインをよりおいしい状態で飲んでいただくための保管のポイントは次の通りです。

  1. 激しい温度変化はワインの劣化を早めます。15℃が理想的です。一般家庭では一年中一定の温度でワインを保管することはなかなか困難ですが、キッチンの火のそばや、冷暖房による温度変化が生じない場所で保管してください。
  2. 高温・低温(30℃を越える場所や極度に低い温度)の場所での保管を避けてください。
  3. コルクが乾燥するとびんの中に空気が入りやすく、ワイン酸化の原因となります。一般的には湿度70~75%程度の状態で保管するのが良いといわれています。乾燥した状態で長期間保管すると、コルク栓が乾き、中でちぎれやすくなってしまいます。
  4. ワインのびんを寝かせておくと、コルク栓の下面にワインがふれ、乾燥を防ぐことができます。 冷蔵庫の中は湿度が低くなりますので、びんを立てたまま長時間保管しないようにご注意ください。
  5. 直射日光や蛍光灯の光が当る場所、振動がある場所、強いにおいがするもののそばに置くと、品質が損なわれやすくなります。

ご意見・ご質問受付

  • お電話でのお問い合わせ [フリーダイヤル]0120-011-121 月~金曜日/午前9:00~午後5:00(祝日・年末年始の休業日を除く)
  • お問い合わせフォームはこちら
  • お手紙でのお問い合わせ 〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒビール株式会社お客様相談室

アイデアのご提案やリンクをご希望の方はこちらをご確認ください。

アサヒグループ各社のお問い合わせはこちらをご確認ください。

  • ※通話内容確認の為、お電話を録音させていただいております。
  • ※ご質問内容により、ご回答にお時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。
  • ※内容を正確に承る為、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけてお掛けください。

アイデアのご提案やリンクをご希望の方はこちらをご確認ください。

アサヒグループ各社のお問い合わせはこちらをご確認ください。

  • ※通話内容確認の為、お電話を録音させていただいております。
  • ※ご質問内容により、ご回答にお時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。
  • ※内容を正確に承る為、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけてお掛けください。
ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。