*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

Q."食べながら飲む"のがどうして良いのでしょうか?

食べながら飲酒をした場合、血液中のエタノール濃度が急激に上がっていくのをおさえることができ、すなわち急激な酔いの回りを軽減することができます。食事を摂らずに空腹の状態でいきなりお酒を飲んだりした場合には、急激に血液中のエタノール濃度が上がってしまいます。
また、アルコールは肝臓で分解されることはよくご存じのことかと思いますが、実は肝臓だけでなく胃の中にもアルコールを分解する酵素(アルコール脱水素酵素)が存在しています。(文献1)食事成分が一緒に存在することで、胃の中で長い時間留まることになり、胃の中で分解されるアルコールの量が増えて、結果的に身体の中に吸収されて入っていくアルコールの量が減ることになり、血液中のエタノール濃度が下がると考えられます。
なるべく空腹のまま飲むのは避けて、少しでもお腹の中に食べ物がある状態で飲むことを心掛けましょう。
(文献1)原田勝二:アルコール代謝酵素の分類と多型-日本人における特異性,日本アルコール・薬物医学会雑誌,36,85-106(2001)

ご意見・ご質問受付

  • お電話でのお問い合わせ [フリーダイヤル]0120-011-121 月~金曜日/午前9:00~午後5:00(祝日・年末年始の休業日を除く)
  • お問い合わせフォームはこちら
  • お手紙でのお問い合わせ 〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒビール株式会社お客様相談室

アイデアのご提案やリンクをご希望の方はこちらをご確認ください。

アサヒグループ各社のお問い合わせはこちらをご確認ください。

  • ※通話内容確認の為、お電話を録音させていただいております。
  • ※ご質問内容により、ご回答にお時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。
  • ※内容を正確に承る為、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけてお掛けください。

アイデアのご提案やリンクをご希望の方はこちらをご確認ください。

アサヒグループ各社のお問い合わせはこちらをご確認ください。

  • ※通話内容確認の為、お電話を録音させていただいております。
  • ※ご質問内容により、ご回答にお時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。
  • ※内容を正確に承る為、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけてお掛けください。
ページトップ