*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

Q.ビールの大びんの容量が633mlである理由は?

1940(昭和15)年3月に新しい酒税法が制定され、それまで造石税〈ゾウコクゼイ〉(ビール税)と庫出税〈クラダシゼイ〉(物品税)が併課されていたビール税は庫出税に一本化されました。この時にビールの入味容量を統一する必要が生じましたが、当時のビールびんには各種のびんが入り混じり、容量はまちまちでした。一番容量が大きい大びんは3.57合(643.992ml)、一番容量が少ない大びんは3.51合(633.168ml)でした。そこで容量が一番小さいものに合わせれば、それより大きめのびんも使うことができるという理由から1944(昭和19)年に3.51合に定められました。それ以降現在まで、この633mlという容量が用いられています。また、小びんもほぼ同じような理由で334mlに決められています。

ご意見・ご質問受付

  • お電話でのお問い合わせ [フリーダイヤル]0120-011-121 月~金曜日/午前9:00~午後5:00(祝日・年末年始の休業日を除く)
  • お問い合わせフォームはこちら
  • お手紙でのお問い合わせ 〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒビール株式会社お客様相談室

アイデアのご提案やリンクをご希望の方はこちらをご確認ください。

アサヒグループ各社のお問い合わせはこちらをご確認ください。

  • ※通話内容確認の為、お電話を録音させていただいております。
  • ※ご質問内容により、ご回答にお時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。
  • ※内容を正確に承る為、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけてお掛けください。

アイデアのご提案やリンクをご希望の方はこちらをご確認ください。

アサヒグループ各社のお問い合わせはこちらをご確認ください。

  • ※通話内容確認の為、お電話を録音させていただいております。
  • ※ご質問内容により、ご回答にお時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。
  • ※内容を正確に承る為、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけてお掛けください。
ページトップ