*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

妊娠中・授乳期は断酒!周囲も協力を

赤ちゃんをお酒の害から守るには、お母さんの断酒がベスト 妊婦さんや授乳婦さんがお酒をガマンするいい方法はあるのかしら? 業界の取組みや、上手な断酒方法のアドバイスを紹介しましょう

業界全体で啓発しています

酒造業界では、2004年6月より、酒類商品の容器に「妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります」と表示。妊産婦の飲酒についての警告表示を自主的に行っています。
「妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。飲酒は20歳になってから」

妊婦・産婦におすすめの“断酒の方法”

アルコールは、通常1日程度で代謝され、それまでに飲んだアルコールが蓄積されることはありません。一番よいのは、妊娠を考えたときから飲酒を控えることですが、少なくとも妊娠がわかった時点からは、お酒を飲まないようにしましょう。

断酒の方法❶ 飲酒以外のストレス解消法を見つけましょう

飲酒以外のストレス解消法を見つけましょう

妊娠、育児期は疲れやストレスがたまりやすくなっています。音楽、アロマテラピー(※1)・お香、マタニティヨガやストレッチ(※2)など、自分に合った方法でストレスを解消しましょう。

  • ※1妊娠期によっては使用できないアロマオイルがありますので、専門家にご相談ください。
  • ※2妊娠期によっては安静が必要であったり、してはいけない運動もありますので、始める前に医師にご相談ください。

断酒の方法❷ お父さんも一緒に断酒をしてみましょう。

お父さんも一緒に断酒をしてみましょう。

一番身近な家族が飲酒をしていると、つい飲んでしまいがち。断酒をしているお母さんにぜひ協力してあげましょう。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。